<< 2013年07月26日のつぶやき | main | 2013年07月27日のつぶやき >>

聖女を確認 「サイレントヒル3/ ヘザー 1/6 PVCスタチュー」Gecco新作、遂に登場です!

            

TVゲーム史に残るミュージックビデオと言っても過言ではない!「You're Not Here」。
いまから10年前に発売された「サイレントヒル3」は、ビジュアルからシナリオからサウンドから、「ついにゲームもここまで来たか」と思わされた作品でした。

冒頭の、ハンバーガーショップでヘザーが悪夢から目覚めるシーン。



ここでもう、ガツーンとノックアウトです。
このシーンの衝撃度は、リアルタイムで経験した者にしかわからないと思います。
「ムービーがリアルタイムなんだね」とか、「ブラインドの影がキャラクターに落ちてるね」とか、そういう冷静さではなかったです。
これだけで「あっ、このゲーム発売日に買った俺、勝った!」と唐突に勝利宣言をかましてしまうレベルのインパクトでした。


そしてこの、「ヘザー」という主人公の魅力!
17歳(マニア的には、24、31……38歳?)のキュートな女の子。
でもどこか台詞まわしがドライでユーモアがあって、ハリーの必死さやジェイムスの悲壮感とはと違ったキャラクター造形がステキでした。

肌のしみや顔のソバカス、ほくろや脱色した髪など、CGでは普通やらないようなキャラクター造形は、ゲーム発売から10年が経過した今でも新鮮に思えるくらいにトンガってますね。


Geccoさんとの立案段階で、「ヘザー」の名前は最初から挙がっていました。
「レッドピラミッドシング」「バブルヘッドナース」で予想を超える反響をいただけたおかげで、ついに実現!
劇中ヘザーはスタンレー・コールマンから執拗に人形をおすすめされていましたが、まさか自分が人形になるとは。しかも異様に出来の良い……

ついに登場です、




原形制作は、「バブルヘッドナース」を手掛けたタナベシンさん。
女性造形はもちろん、クリーチャーもアニメもなんでも来いなオールラウンダーです。


ヘザーは生い立ちがどうであれベーシックな部分では「普通の女の子」。
それがいきなりあんな異様な世界に放り出されたら怖いですよ!ビクビクしちゃいますよ!

というわけで、「ゲームの主人公!」然としたシューティング・ポーズではなく、「腰を引かせて不安な表情を浮かべつつ、それでも銃を持って立ち向かわなければならない状況」をセレクト。

タナベさんの巧みな計算により、心のうちが読み取れるような表情とポージングになっています。


この、「顔色の悪い感じ」素晴らしいですね!

製品版では眼球を別パーツにするとのこと。
可動はしないです、念のため。
質感の違いもそうですし、そこに分割を入れることで得られる効果もあるでしょう。
Geccoならではのチャレンジです。



角度によって印象が変わる、このへんは本当にタナベさん上手いなあ……。
是非写真だけでなく、現物を見ていただきたいですね。


あの、是非この二の腕と、脇のお肉の表現に注目していただきたいのですが。
二の腕を体に密着させると、確かにベタッとこう広がります。
肩を内側に入れると、確かにこんなかんじで脇の肉が盛り上がります。
しかしフィギュアでこのような表現を見るのはそうそう無い、というか少なくとも僕ははじめてですよ!
骨格と、それを覆う柔らかい肉の存在を感じさせる説得力あふれる造形。
ここ押したら固そうだな、ここは柔らかそうだなって、視覚で伝わるこの巧みさ。
どこ触っても同じ固さなんですけどね、フィギュアなので……。


白人肌をバッチリ再現しています。
そもそもの話、ゲームのキャラでここまで汚い……いえ、人間味にあふれた肌表現というのはすごい話ですよ!
このへんもう、さっすがサイレントヒル!
凡百のゲームと一線を画す、媚びなさっぷりがたまりません。
これを再現しなければならないメーカーもたまりません。
Geccoさんがんばってください。


時計もまた、細かいですね〜!
……というところに目がいきつつ、手の表情にも注目です。
“良い芝居”してると思います。


「ハンドガン」です。
先日ニコ生にコメントで降臨してくださった伊藤暢達さんによると、ゲームに登場する銃は特定のものは使ってはいけなくて、「架空の銃」でなければいけなかったのだそうです。
同様に、ゲームに登場する車も架空の車でないといけなかったとか。
なのでこれは「ベレッタ」でも「ガバメント」でもなく、「ハンドガン」なんですね。


かわいい革ブーツも完全再現。
ちなみに脚部はバブルヘッドナースと同様にまるごとABS素材を使っているので、夏場にヘタれる心配もありません。


ベースが面白いです。
ディテールは金網と鉄板で“遊園地”なのですが、抽象的な塗装が施されています。
「サイレントヒル3」の、裏世界のイメージをトータルで表現した感じでしょうか。
スポットで照明が当たっているようにも見えて、いざディスプレイすると非常に映えるのです。


武器はなんと差し替えが可能!
サイレントヒルの定番武器、それは鉄パイプ。
ハンドガンに比べていくぶんか「殺る気」が増しますね!

そして、あの


「ビームセーバー」も付属してしまうという。


ある一定の条件を満たしてゲームをクリアし、2周目以降にある場所へ行くとドアノブがこれに変わっているという、かの有名なネタ武器です。
光の刃を伸ばすときのアクションが、アレですね。宇宙刑事……。


持ち手の“ヒョウ柄”も無駄に再現しています。
やっぱり当時浜崎あゆみなんか流行ってたんですよね、多分。
2000年代前半の時勢を反映……妙にノスタルジーな気持ちにさせてくれますねこのビームセーバー。
おまけで付けたはいいけれど、この状態で飾る人いるのかしら。

そんなわけで、グレイトな仕上がりになりました!
ぜひご予約をおねがいいたします!
こちらからどうぞ!↓

そんなわけで、先日行われました世界最大のサブカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン」!
弊社からはB・黒須が参戦しまして、大量のレポートをアップしておりました。

この「ヘザー」、そしてヘザーの次となる「ロビー」が世界初おひろめされた、Geccoのアメリカの流通代理店「Toymunkey」ブースの写真をタナベさんが届けてくださいましたのでご紹介!


これがToymunkeyブース!
伊藤暢達さんによるフィギュアのパッケージアート、「三角頭」「ナース」のタペストリーが下がっていて人目をひきます!


ロビー!ヘザー!ナルト!
……ナルトは大人の事情により、日本では流通しないGecco商品になります。


ヘザー、in コミコン会場!
照明が変わると、ずいぶん見え方もかわりますね〜。


そして、ロビー2種。
これ、本当に良い出来なんですよ。
はやく詳しい紹介がしたいところ。
レッドピラミッドシングに続き、HEADLONG赤尾慎也さんによる原形です。


マネキン版三角頭と、伊藤暢達版ナースも会場限定で販売されていました。
今日あたりから皆様のお手元にも届いていくのではないでしょうか?


この人、誰でしょう!
わかる人がいたら、もはやサイレントヒルマニアを超越した存在かもしれない……。

答えはなんと、「サイレントヒル:ホームカミング」では主人公アレックスを「サイレントヒル:ブックオブメモリーズ」では三角頭を演じた、モーションアクターのリチャード・ドートンさんというお方だそうです。ってエーッ、中の人!

なんでもずいぶん熱心にフィギュアを見ていて、「いいねえこれ」と。
「ありがとうございます〜」とタナベさんが返すと、「実は俺、これ演ったんだよね」といわれて「えーっ、ホンマですか〜」となったとか。
そんな人もウロウロしてるのがいいですねえ、コミコン会場。


こんな人もウロウロしていたと。
ずいぶんカロリーの高いサイレントヒルだなあ(失礼)

Toymunkeyブース以外では、KONAMIブースでもGeccoアイテムを販売。


僕のデザインしたTシャツも販売されていたとのことで、タナベさんに「写真ないんですか」と聞いたら「ないですよお」と言われてションボリしました。



と思ったら、KONAMIの公式アカウントがインスタグラムにアップしてました。
やったー!でも普通に加工されてない状態の写真はないのかな……。あと売れたのかな……。
※ロビー柄は海外での販売は無く、本当に豆魚雷のみの限定Tシャツになりそうです。
 なぜかは次回〜


オマケフォト。
これ、ロサンゼルスにある超巨大なIMAXシアター「RAVE」だそうです。
ここでGeccoさんとタナベさんは「パシフィック・リム」観たんだそうで。いいなあ。

あと、タナベさんが「ここがいっぱいToymunkeyブースの写真を紹介してくれたよ」と
イタリアのサイトを教えてくれました。
ヘザーの写真もいっぱい。
案内用写真とはまた違った、フラットな照明でのヘザーがたくさん見られますのでチェックしてください!
http://itakon.it/eventi/sdcc-2013-esposizione-gecco-allo-stand-toymunkey.html

それでは最後にもういちど、ヘザーのご予約はこちらから…こちらから…こちらから…

よろしくおねがいいたします!

▲原田プリスキン▲

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
※高円寺では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode