<< 2016年05月16日のつぶやき | main | プライム1スタジオ『ミュージアムマスターライン』シリーズの新作になんと!?バットモービルがエンジン吹かして登場! >>

梅雨とともにやってくる、4DX専用ジャパニーズホラー!清水崇監督作品「雨女」を鑑賞しました

            
こんにちは、原田プリスキンです。

本日、東京は雨がしとしとと降っております。
そんな日にぴったりの、新作映画のご紹介。



清水崇監督作品、「雨女」!
映画館でしか鑑賞できない、「4DX専用作品」です!

4DXは、最新の体感型上映システムです。
韓国で開発され、日本には2013年に名古屋へ初上陸しました。
昨年あたりから上映館が一気に増えて、「パシフィック・リム」のリバイバルや、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で体験した!という方は多いのではないでしょうか?

「体感型上映システム」がどんなものかというと……
映画の内容に合わせて、

座席が上下左右前後に揺れる!

背後や座面がブルブル震える!

映画館内に風が吹く!

ミストがブシューッと噴きだす!

香りが漂う!

シャボン玉が舞う!

煙がたちこめる!

目の前からエアーが吹き付けられる!

場内に設置された照明がフラッシュする!


など、

映画の中で起きているできごとが、観客にもあの手この手でふりかかっちゃうという仕掛けが満載です。



「雨女」は、白石晃士監督による「ボクソール☆ライドショー 〜恐怖の廃校脱出!〜」に続いて日本で制作された「4DX専用」の作品です。
上映時間35分なので、アトラクション感覚で気軽に楽しむことができます。
お値段も通常の半分以下の1500円ですので、4DXがどんなものかを試してみたい方にはうってつけですね。

しかも、内容はゴリゴリのJホラー!4DX初のじっとりJホラー!
トイ業界ではコトブキヤの山下さんに次ぐと自称するJホラーファンの僕としては見逃すわけにはいきません。
先日、公開に先んじて拝見してまいりました!



4DXといえばアクションやSFばかりでしたが、「呪怨」清水崇監督による作品ですからね……。
シーンとした「間」が続いて、いきなりバーンと画面ですごいことが起こってこっちでも座席がガタッとなってブシューッってやられたら「ヒイッ」となりますよ!

で、「雨女」「梅雨どき、あなたも濡れる。」ですから、よく雨の降る映画です。
ということは……劇場内にしとしと雨が降ります。これがイヤーな感じです(褒めてます)。

劇中で海辺を歩くと本当にそんな感じの風が吹き、潮っぽい香りが漂うなど
エフェクトは全体的に臨場感を出すために使用され、鑑賞の妨げにならずとてもイイ感じ。

で、清水崇監督の得意技「髪洗ってるとき背後が怖い」



こちらは「呪怨 劇場版」から。
このあと髪の毛の中に誰かの手があってこわいです。

で、



本作品でも、もちろん「髪洗ってるとき背後が怖い」あります。
4DXでこれが体感できちゃうって、僥倖の極みでございます。ホラーファンの憧れです。自分ちの風呂場でない限りは。

怖いのムリ!って方、いらっしゃいますよね。でも大丈夫です!ウソですけど!
しかし映画よりアトラクション、オバケ屋敷的な感覚で楽しめると思います。
この作品は4DX専用であるがゆえ、普通の劇場で観ることはおろかソフト化してご家庭で鑑賞できるようなことはまず無く、見逃したらきっとそれっきりなのでJホラーファンは肝に銘じておきましょう。

「雨女」は6月4日より、全国4DXシアターにて限定公開!
公式サイト

これから「死霊館 エンフィールド事件」や、豆魚雷からTシャツをリリースする「貞子VS伽耶子」(大傑作です!)もありますし、ホラー好きは嬉しいですね〜!
それでは!

◆原田プリスキン◆

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
大宮店
Tel:048-640-7333
※高円寺・大宮店では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode