<< 極まる造形、三度立つ。秋葉原で世界が注目するプライム1スタジオのエキシビジョンが4月29日より開催。 | main | ホラー・クリーチャー・モンスターアイテム新作続々!「トリック・オア・トリート」サムに「ショーン・オブ・ザ・デッド」のゾンビ、人気のマッドボールから日本ものサンダとガイラまで盛りだくさん! >>

映画『メッセージ』公開に向け鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督来日!樋口真嗣&前田真宏両監督を迎えたスペシャル会見に潜入!

            

こんにちは。メルビン桑沢です。

 

先日の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」アジア合同記者会見から間髪入れずに、またまた注目の会見に潜入して参りましたよ!

 

IMG_6477.jpg

 

今回はなんと!来月5月19日に公開となるSF映画『メッセージ』のプロモーションの為来日した鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のスペシャル会見!ヴィルヌーヴ監督といえば、あの「ブレードランナー2049」を手掛けることでも話題の今最も注目される監督でございます。
そこへ、日本映画界を牽引するSF映画監督の樋口真嗣&前田真宏両氏が映画「メッセージ」の魅力を伝えるべく応援に駆け付け、SF監督のTOP対談が実現!
そんな熱い会見潜入リポートをお贈りしたいと思いますよ。

 

 

 

映画『メッセージ』は、SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編の監督に抜擢されたことでも注目の、『プリズナーズ』『ボーダーライン』などで独特の映像美と世界観が高く評価されている鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の最新作です。

 

 

<ストーリー>

 

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは…。

 

 

この注目の作品のプロモーションの為来日したドゥニ監督のスペシャル会見の模様です。

 

IMG_6354.jpg

 

MCの紹介で登場するドゥニ監督。

 

IMG_6362.jpg

 

まずは監督から一言。
「来て下さいまして本当にありがとうございます。こういう形で『メッセージ』の話を出来るのは僕にとってとても特別な事です。」

 

そしてドゥニ監督を応援する為日本を代表する二大映画監督も登場です。

 

IMG_6381.jpg

 

まずは特撮映画ファンならば知らぬ人はいない、近年では『シン・ゴジラ』で知られる樋口真嗣監督。

 

IMG_6375.jpg

 

そして『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』で知られる前田真宏監督が続けて登場。

それぞれドゥニ監督と熱い握手を交わします。

 

IMG_6384.jpg

 

初めに映画『メッセージ』についての感想を。

 

IMG_6387.jpg


前田監督から。

「非常に知的なSF映画です。一見とても難しい映画に見えますが、ハートにグサッと来る素晴らしい映画です。」

 

IMG_6395.jpg

 

そして樋口監督。

「SF映画には大きく分けて2つのタイプがあると思うんですが、ひとつは『スター・ウォーズ』のような争って勝利するタイプのものと、もうひとつが『未知との遭遇』のように何かを探して見つけるタイプのもの。『メッセージ』は後者のタイプの映画でありつつ、21世紀の新しい時代の映画の文法をアップデートしているかんじが素晴らしいと思いました。」

 

と、ここで樋口監督がこの日のために作ったという映画『メッセージ』応援映像の上映がスタート。

 


その樋口監督責任編集映画『メッセージ』応援映像がこちら↑

 

IMG_6409.jpg

 

そしてここから御三方による対談がスタート。

 

IMG_6403.jpg


まずは応援映像を見たドゥニ監督から一言。

「とても深く感動しました。メッセージを語ってくれたお三方が映像作家であること、映画の持つ強みとは国境や文化を超えて何かを伝えられるということをわかってくださっていることに心動かされました。とても素敵なお言葉ありがとうございます。映画作家は映画作家にとっては一番タフな観客ですので。」

 

ここで樋口監督と前田監督は現在の世界情勢について触れ、「今まさに戦争が起きようとしているこの時代にこそ観てほしい作品です。」と話すと、

 

IMG_6405.jpg

 

「対話、文化の持つ力についての映画でもありますので。そして謙虚さについての映画でもあると僕は思っています。もともとこの物語に惹かれた理由は、主人公たちが今の人類には残念ながら欠けていると思われる謙虚さを持ち合わせた上で、エイリアンと交流しているから。」とドゥニ監督。

 

IMG_6411.jpg

 

と、ここで樋口監督が同じ監督業らしい質問を。
「こういった大きな映画になると、お金を出してくれる人たちがあーしろこーしろと色々言ってくるのでは?」

 

IMG_6417.jpg

 

「配給はスタジオではあるんですが、製作や企画開発自体はインディーズ系のやり方をこの映画ではしているんです。今作に登場するエイリアンは少しグロテスクさもあるので、そこを指摘されるかと思ったのですが、それよりも中国の軍事基地や飛行機などの具体的な数を出すのは止めてくれと言われましたね(笑)。」と裏話を披露。

そして続けて、
「この作品を作り上げることができたのは、この企画を心から愛し、守ってくれたプロデューサーたちがいたからだと思います。皆さん非常にオープンにほとんど干渉することなく作らせてくれました。」

 

IMG_6412.jpg

 

更に樋口監督から。
「非常にストイックさを感じます。色々と我慢したこと、削ぎ落として捨てた部分もあったのではないか。」という質問が。

 

「この作品はとにかく没入感を重視していたので、主人公ルイーズの個人的な体験として描くようにしました。人類の歴史上もっとも大きい出来事を描いていながらも、一人の女性の親密な、私的な視点で描かれた物語なんです。」
「ストイックと言われた点ですが、これが答えになっているかどうかはわからないのですが、テンションを保つというが心を砕いたところ。カメラマンと編集者と協力して、わざと間を引き伸ばしたり、いろんなことを工夫してみました。」

 

IMG_6426.jpg

 

「映画の冒頭、エイリアンの飛行物体がやってくるところなどのカットの選び方とか編集のタイミングとか、本当なら欲があって色々見せてしまうところを見せていないというのが、すごく知的なものを感じるのですが。」と続けて樋口監督。

 

「観客の想像力はとてもパワフルなものですから。見えないものほど恐ろしいものはない。そして冒頭から、教える者と学ぶ者の構造を最初から出すことを意識しました。皆さん誰しも学校のつまらない授業というのは経験があると思うのですが(笑)、学習のプロセスには反復が多いです。ただ、反復はテンションを保ちにくい。その中でどのようにテンションを作り出すか、お手本にしたのは「ジョーズ」でした。「ジョーズ」も、映画が始まって2/3くらい経ってやっとサメが姿を現しますよね。でも凄く恐怖感があるわけで。なのでこの『メッセージ』という映画はとってもゆっくり脱いでいく”ストリップ”のような映画とでもいいますか(笑)。」

 

というジョークで会場は爆笑。一見気難しそうに見えるドゥニ監督ですが、実はユーモアがあり笑顔もとても優しくとても和ませてくれます。

 

IMG_6422.jpg

 

「エイリアンのことを一枚一枚はがしていく構造になっています。彼らがエイリアンと対話する部屋もそのような部分から影響を受けてデザインしています。」

 

IMG_6414.jpg

 

そして飛行物体内部のシーンについて前田監督から。
「ミニマムなデザインということに感動しました。知らないものに接するときに高みに向かって上昇する。それがいつの間にか下降して穴倉の中に落ちている、という考え抜かれた演出は非常に素晴らしかったですね。」

 

IMG_6433.jpg


「宇宙船のデザインは、日本のもの、筆の文字やシンプルで美しい線や、禅などに強く影響を受けてデザインしていったんです。エイリアンに強い存在、感覚というものを持たせたかった。僕自身は日本的な、禅的なものにそういうものを強く感じるので、インスピレイションとさせて頂きました。」

 

IMG_6430.jpg

 

続けて映画の重要なテーマ「言葉」について前田監督から。
「この映画にとって言葉が非常に重要なモチーフですが、言葉は本当にコミュニケーションのツールなんだろうか?ある文化の中において思考を深めるにはすごく有用ではありつつも、文化と文化の敷居をまたぐには、実は危険なのではないかというのを友人と話していまして。たまたまそういう話をしていた時に、今回の映画でそのようなビジョンを提示されたので、とても驚いたんです。」

 

IMG_6427.jpg


ドゥニ監督は、「この作品でも、知識や言語の限界には触れているという意識があります。その限界を経験した主人公ルイーズは自分の直感を信じていくようになる。日本ではわかりませんが、今では北米では直感というものが失われつつあるように感じられますね。」

 

IMG_6434.jpg

 

と、ここで興味深い対談もそろそろ終わりの時間が。

 

そしてここで皆が聞きたくてたまらなかったあの映画についての質問が!
そう、SF映画の金字塔待望の続編『ブレードランナー2049』の話を!

 

IMG_6416.jpg

 

「今は『ブレードランナー2049』のポストプロダクション作業の真っ最中。10月6日の公開に向けて一生懸命みんなで仕上げているところです。スタッフが本当に毎日頑張ってくれているので、今回なんとかお願いして時間を割いて日本にやって来ることが出来ました。アーティスティックな視点から、今まで自分が手がけた中でも最もチャレンジングな作品になりました。なんといっても自分が大好きな「ブレードランナー」の世界観を自分なりに咀嚼して、そして自分のものとして作っていかなければならなかったですから。とてもワクワクでもあり、とても怖い、そんな体験でもあります。」

 

ここで前田監督から「音楽は今作『メッセージ』と同じヨハン・ヨハンソンさんですか?」との質問。

 

「はい、そうです。ちなみに、メッセージのときは撮影前にスコアをすでに書いてもらっていて、それを聞きながら撮影していたんです。」という撮影秘話も。

 

ここで対談は無事終了!

 

IMG_6473.jpg

 

最後は御三方で記念撮影でございます。

 

IMG_6479.jpg

 

IMG_6536.jpg

 

とここで樋口監督がドゥニ監督に、自ら持参した『ボーダーライン』のDVDにサインをおねだり!このご満悦な表情!嬉しそうですねー。

 

はい、というわけでドゥニ・ヴィルヌーヴ監督と樋口真嗣&前田真宏両監督のスペシャル会見も模様いかがでしたでしょうか。

 

320.jpg

 

映画『メッセージ』は2017年5月19日より全国公開です!

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:http://www.message-movie.jp/

 


●メルビン桑沢●


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
大宮店
Tel:048-640-7333
※高円寺・大宮店では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode