<< 豆の不死院にて、ゲッコウさんに「ダークソウル/ オスカー 1/6スケールスタチュー」について色々聞いてみた!今回もダークソウル愛がいっぱい! | main | 豆魚雷ラボラトリー:B・黒須博士の観察日記〜はじめてスタチューに出会ったら〜 >>

『トランスフォーマー 最後の騎士王』の愛らしいスクィークスがプライム1スタジオから登場!過去実写TFのカワイイ?奴らもチラッとご紹介。

            

シリーズ初登場の可愛いトランスフォーマー・スクィークスが、

プライム1スタジオミュージアムマスターラインより登場!

 

 

「いや待て!俺の方が可愛い!」

と言い出しかねない過去ムービートランスフォーマーのマスコット的キャラ?達と一緒に見てみましょう。

まずマスコット的なロボットの先駆けといえば、

 

 

 

まず『禁断の惑星』(原題:FORBIDDEN PLANET)の「ロビー・ザ・ロボット」がぱっと思い浮かびますね。

 

 

そして『宇宙家族ロビンソン』(原題:Lost in Space)のフライデーや、

 

 

有名過ぎるこの2体もこの系譜かと思います。

 

そして偉大なロボットたちの後輩格と勝手に分類して、

実写トランスフォーマーのマスコット的?なキャラクターを簡単に見てみましょう。

(今回はミニロボに絞ってバンブルビーやスキッズ、マッドフラップ、ジャガーなどには触れてません)

 

まずは実写の1からフレンジー(実写版トランスフォーマー)

 

諜報活動を得意とするディセプティコン戦士。

CDラジカセに変形。

 

 

サウンドウェーブではなくバリケードと行動を共にする。

敵らしくかなり異形でメカニカルなデザイン。

 

 

劇中で印象的なディスクカッターまで発射でき、

しっかりラジカセにも変形する工夫の詰め込まれた玩具も過去限定品で発売されています。

個人的に結構お気に入りでした。

 

ウィーリー(トランスフォーマー/リベンジ、ダークサイドムーン、最後の騎士王)

 

口が悪く下ネタを好む。

元々はディセプティコンだったが、オートボット軍に鞍替え。

初登場でヘマをし、ミカエラに拷問されていましたね。

 

 

ロストエイジでは姿を見せなかったが、

最後の騎士王では久々の出演!

 

 

モンスタートラックのラジコンにトランスフォーム。

劇中サイズもかなり小柄。こりゃカワイイ。

 

ブレインズ(トランスフォーマー/ダークサイドムーン、ロストエイジ)

 

ウィーリーの相方ブレインズはレノボ製ノートパソコンにトランスフォーム。

マッドサイエンティスト的な風貌。

 

 

ロストエイジでの扱いはやや悲惨…。

 

余談ですが、ウィーリーと言えば「トランスフォーマー2010」でも大活躍したキャラクターですね。

 

 

人間のダニエルと親友で、グリムロックともなんだかんだ仲の良い彼は

結構出番が多めでした。

 少年のような性格で、口が悪い

武器はパチンコという個性的なキャラ。

 

 

 

初代玩具はアニメに似ても似つかない特徴的な姿で長年ファンに愛されています。

 

さて前置きが長くなってしまいましたが、

やっと最新作の彼をご紹介!

 

 

ミュージアムマスターライン/ トランスフォーマー 最後の騎士王: スクィークス スタチュー MMTFM-18

最新映画となる『トランスフォーマー 最後の騎士王』からオートボットの小さな英雄「スクィークス」がラインナップ。

 

 

1/2スケール相当となる全高約61センチにもなる大型サイズ!

紹介した3体に比べて、かなり正統的なマスコットロボデザイン。

 

 

このディティールの細かさはまるで撮影用プロップのよう。

このいかにもベスパに変形するぞ!といったパーツ配置が最高。

 

 

劇中通りに愛らしい姿で立体化されています。

 

 

バイクパーツの質感や、錆び塗装も凄まじい出来映えです。

 

 

「トランスフォーマー アドベンチャー」のフィクシットにもちょっと似ている?

 

 

彼の大活躍は好評公開中の映画『トランスフォーマー 最後の騎士王』にて確認しよう!

 

キュートな姿はお家でも目を引く事うけ合いですよー!

スクィークスのハイエンドなスタチューをこの機会に是非。

 

ご予約はコチラ↓

ミュージアムマスターライン/ トランスフォーマー 最後の騎士王: スクィークス スタチュー MMTFM-18

http://www.mamegyorai.co.jp/net/main/item_detail/item_detail.aspx?item=496302

 

 

~番外G1アニメマスコット編~

 

マスコットとまでは言えないですが、

地味に人気があったのが「クレムジーク

 

メガトロンの作り上げた電気エネルギー生命体“クレムジーク”が大暴れする、

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 第38話 「パニック・ザ・クレムジーク!」は必見。

まさに両軍と人間も巻き込み大パニック。

 

 

グレムリン2に登場したライトニンググレムリンに特性も見た目も似ている感じ。

 

 

妙な人気で初期のマスターピースメガトロンに、

ミニフィギュアが付属していたことも。

 

◆橘高マグナス◆


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
大宮店
Tel:048-640-7333
※高円寺・大宮店では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode