<< プライム1スタジオの『ベルセルク』シリーズより待望の「狂戦士ガッツ」が登場!理性をなくすほどの圧倒的ディティールと禍々しさを見よ! | main | 夢の巨大ジオラマで遊び尽くせ!NECA エイリアンクラブ特典「ケナートリビュート 3Dポップアップベース」到着!早速組み立ててみました。 >>

知る覚悟はあるか――。35年の時を経て、遂に来月SF映画史に残る名作と言われる『ブレードランナー』続編がやって来る。

            

どうも!B・黒須です。

 

1982年の映画公開から35年。

公開当初では早すぎた傑作は、時が経つにつれ「人類とレプリカント」という関係性にも現実味をおび、今ではSF映画史上最高傑作とまで呼ばれる様になった『ブレードランナー』。

 

そして、その続編となる『ブレードランナー2049』が遂に来月10月27日(金)公開でございます。

 

舞台は2019年のロサンゼルスから、2049年のロサンゼルスへ。

今なお色あせることなく、映画界と世界中のカルチャーを魅了し続けている「ブレードランナー」のベールに包まれた、多くの謎は明かになるのか!?

 

“知る覚悟はあるか――。”

 

と言う訳で、今回は映画ファン待望の続編となる『ブレードランナー2049』をより楽しむための予習復習をしておきたいと思います。

それでは早速参りましょう!

 

 

前作の『ブレードランナー』ってどんなだったっけ??という方の為にも、まずは『ブレードランナー』がどんな物語だったのか簡単におさらいです。

 

2019年、環境破壊により人類の大半は宇宙に移住を続け、その宇宙開拓の前線では強靭な肉体と高い知能を併せ持ち、外見からは人間と見分けが付かない「レプリカント」と呼ばれるアンドロイドが、過酷な奴隷労働に従事していた。
しかし、レプリカントには製造から数年経つと感情が芽生え、主人たる人間に反旗を翻すような事件が多発する。

 

そんな中、タイレル社が開発した最新レプリカント「ネクサス6型」(寿命は4年間)の男女が人間を殺害し、宇宙開発現場から逃れ“生”を求めて地球へ逃亡。地球ではすでに「レプリカント=死刑に値する違法の存在」となっていたため、レプリカントを「処分」する任務を元専任捜査官ブレードランナーであったリック・デッカードが強制的に請け負う事に。

 

潜伏中のレプリカントすべてを「処分」する事には最終的に成功したが、調査中にタイレル社で出会った寿命の無いレプリカント、レイチェルに惹かれ二人は逃避行へと旅立ってしまう。

 

というのが、とってもザックリしてますが映画『ブレードランナー』の内容です。

 

 

-----------------------------------------------

そして、10月公開となる『ブレードランナー2049』をより楽しむために公開までに知っておきたいのが…。

 

2019年から2049年までの間に何が起きていたのか?

 

という事です!なんと嬉しい事に、この空白の30年が分かる年表を入手しましたのでご紹介いたします。

 

2018年

異星の植民地におけるネクサス6型の戦闘団による反抗後、レプリカントは地球において死刑に値する違法の存在であると宣告された。

 

2019年

試作品のレプリカントであるレイチェルと“ブレードランナー”捜査官リック・デッカードは共にロサンゼルスから逃亡。

 

2020年

タイレル社創設者であるエルドン・タイレルの死去後、タイレル社はネクサス8型のレプリカントを流通させるべく開発を急ぐ。4年の寿命しか持たないこれまでのネクサス・モデルとは違い、ネクサス8型は制約のない寿命を持ち、簡単に識別出来るように眼球移植をされている。

 

2022年

西海岸で原因不明の爆発が起こり<大停電>となり、街は数週間に渡り閉鎖された。

アメリカ国内の電子的なデータはほとんど破損し破壊された。財政や市場は世界的に停止し、食物の供給は切迫。

停電の原因についての見解が広がるが、どれも証明されておらず、世の大半はレプリカントが原因と非難した。

 

2023年

統治権力者はレプリカント製造を無期限的に“禁止”するレプリカント禁止法を制定。

4年の寿命しか持たないネクサス6型は全て退役となり、生き残ったネクサス8型も“解任”される事となる。

よって、ネクサス8型には逃亡の可能性が…。

 

2025年

理想主義的な科学者ニアンダー・ウォレスは、遺伝子組み換え食物を開発し、その技術を無償で提供する事で、長きに及んだ世界的な食糧危機を終焉させた。そして彼の会社、ウォレス社は世界的に進出し異星の植民地へもその力を広げた。

 

2028年

ウォレスは倒産したタイレル社(ネクサス6型を開発した会社)の負債を買い取る。

 

2030年代

ウォレスはタイレル社の遺伝子工学と記憶移植の方法を強化し、レプリカントを従属的かつ制御可能にするための開発を始める。

 

2036年

レプリカント禁止法が廃止となる。

ウォレスは新型の“完成された”レプリカント、ネクサス9を発表する。

 

2040年代初期

警察組織(LAPD)は既存のブレードランナー組織を強化し、違法レプリカントを探し出し“解任”する役目を負う。

 

2049年

前作から30年後のロサンゼルス。

気候変動により海抜が劇的に上がった為、巨大な海壁が建設されロサンゼルス流域を保護している。ロサンゼルスは以前にも増して居住不可能となり、貧困と病気が蔓延している。取り残された異星の植民地へ移住が出来ない不健康な人間たちに新鮮な食物は無く、道端の自動販売機で販売されているウォレス社の遺伝子組み換え食物によって生き長らえている。

 

簡単ではありますが、空白の30年間を知る事で、きっとブレードランナーの世界によりドップリと浸れるのでは無いでしょうか。

 

さらにここで朗報が!

なんと続編公開を目前に、『ブレードランナー 2049』の制作スタジオであるAlcon Entertainmentから正式なオファー受け、2022年の大停電=“ブラックアウト2022”が短編アニメーション作品として制作が決定。

白羽の矢が立ったのは、『カウボーイビバップ』『アニマトリックス』『サムライチャンプルー』などを手がけ、日本のみならず海外でも高い評価を得続けるアニメーション監督、渡辺信一郎氏。驚くことに9月26日には、世界に先駆けてこの日本でのお披露目が予定されているそうですよ。

 

 

 

そして、残すところは10月27日(金)に待望の映画公開を迎える『ブレードランナー2049』。

“ブレードランナー”デッカードをハリソン・フォードが再び演じ、新たな“ブレードランナー”K をライアン・ゴズリングが熱演。リドリー・スコットが製作総指揮を行い、「メッセージ」(16)でアカデミー賞監督賞にノミネートされた鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督をつとめます!

 

実は9月某日、世界に先駆け行われたフッテージ試写会にて一部だけですが、『ブレードランナー2049』の映像を観せていただきました。いくつかのシーン毎、バラバラの試写でしたのでその内容は深く分かりませんが、2017年に最新技術で撮影されたそのブレードランナー特有の世界観を大スクリーンで観れるという事にすでに感動してしまいました。

 

そして先日公開された予告編でもチラリと映るポリススピナーの姿(思いっきり爆破されてますが…。)にも心躍らずにはいられませんね。

 

併せて、7月に行われたサンディエゴ・コミックコンベンションにて行われた体感型イベント「ブレードランナー2049 エクスペリエンス」のレポートも別の記事で公開しておりますので、気になる方はぜひ!

【SDCC2017 ブレードランナー編】とんでもない空間だったブレラン2049イベント!あなたは電気羊の夢を見るか?※ネタバレ注意※

 

今、人間と人造人間<レプリカント>、その境界線が崩れ去ろうとしている――

 

2049年、貧困と病気が蔓延するカルフォルニア。

人間と見分けのつかないレプリカントが労働力として製造され、人間社会と危うい共存関係を保っていた。

危険なレプリカントを取り締まる捜査官はブレードランナーと呼ばれ、2つの社会の均衡と秩序を守っていた。

 

LA市警のブレードランナーであるKは、ある事件の捜査中にレプリカント開発に力を注ぐウォレス社の<巨大な陰謀>を知ると共に、その闇を暴く鍵となるある男にたどり着く。その男とは、かつて優秀なブレードランナーとして活躍していたが、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消し30年間行方不明になっていたデッカードだった。

 

いったい彼は何を知ってしまったのか?

 

デッカードが命をかけて守り続けてきた<秘密>、人間とレプリカント、2つの世界の秩序を崩壊させ、人類滅亡に関わる<真実>が今、明らかにされようとしている。

 

人間とレプリカントを分けるものは何か?

本当の人間らしさとは何か?

映画史に残るラストシーンに、その答えがある。

 

“知る覚悟はあるか――。”

 

『ブレードランナー2049』

製作総指揮:リドリー・スコット/監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ

公開:10月27日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

公式HP:http://www.bladerunner2049.jp/

 

最後に、我らがネカからも『ブレードランナー2049』アイテムが登場しますのでお見逃しなく!

豆魚雷ブレードランナーコーナーはコチラ

 

それでは本日はこの辺で。

ではでは〜。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
大宮店
Tel:048-640-7333
※高円寺・大宮店では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode