<< ホビー業界秋の陣!新作も気になる全日本模型ホビーショーの様子をレポートしちゃいます。 | main | 遂に!大人気 サイドショースターウォーズ『ミュトス』シリーズから、オビ=ワン・ケノービが1/6アクションフィギュアとなって登場!そして、ジャワver2も2体セットでラインナップ! >>

「2049」の前に必ず見ておくべき作品『ブレードランナー ブラックアウト2022』世界最速上映イベントレポート!裏話沢山のギリギリトーク!

            

 

TOKYO

Sept,2017

 

ブレードランナー2049の謎を追い、私は「新橋」という街に降り立った。

 

 

今夜ここで、

前日譚である「ブレードランナー ブラックアウト 2022」が世界最速上映されるらしい。

その前に、

 

 

駅前の「白龍」というヌードル・バーで腹ごしらえだ。

うどんと「えび天」を4つ注文した。

 

すると店主は言った。

 

 

「二つで十分ですよ」

やはりそうきたか......今夜は何かが起きそうだ。

 

 

繁華街を通り抜け、

 

 

ようやく辿り着いた目的地「タイレル社 新橋支部」......

 

とまぁ、そろそろ読者の皆様に怒られそうなので、これくらいにしておきます。

 

ハリウッド直々のオファーを受け、アニメ「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎監督が制作した短編アニメ「ブレードランナー ブラックアウト 2022」世界最速上映イベントに行ってまいりました!

※『ブレードランナー 2049』を観るまで情報を一切入れたくない!という方はご注意ください。ネタバレはないよ。

 

 

会場には沢山のファンとマスコミがつめかけ、映画コメンテーター有村昆さん司会(以下司会)によりイベントスタート。

早速、渡辺監督が登場してくれまして、制作秘話などトークが聞けました。

 

 

司会:制作期間は?

 

渡辺監督:オファーがきたのが去年の秋頃、15分のアニメなので半年ぐらいで出来るだろうと完全に甘く見ていて、全然出来なくてわりと最近まで作っていました。webで流れる15分のアニメでは、力が入り過ぎてて大丈夫か?という感じでしたが、僕だけでなくブレードランナー愛にあふれたスタッフも沢山いますので、いい加減な物は作れないなと、力込め過ぎぐらい込めてしまった

 

司会:本日はもうひとかたスペシャルなゲストにお越しいただきました。

「APPLESEED」「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン 」等を監督され、本作(2022)のスピナーのデザインもされている荒牧伸志監督です!

 

 

司会:監督にとって「ブレードランナー(1作目)」という作品はどういったものでしたか?

 

渡辺監督:SFをやっている人間にとってはもはや避けて通れないような強い影響をアニメ業界に与えまして、影響を受けてない者を探す方が早いんじゃないのってぐらい大きな影響を受けました。

 

荒牧監督:はい、間違いないです。

 

 

渡辺監督:(それ以来)アニメの未来がみんな(ブレードランナーのような)汚い街になってしまったんですよ(笑)

 

 

司会:「2049」の撮影現場にも足を運ばれてらっしゃるという事で、言える所まででいいので(2049の)情報を教えてほしいです。

 

荒牧監督:ひとつだけハッキリ言える事は、前作をきちんともう1回見返した方がいいって事です。

 

 

渡辺監督:やっぱりすごいブレードランナー・フリークのスタッフが多いみたいで、すごい細かい所、例えばちょっとした小さい小物にシールが貼ってあって、間違った日本語がちゃんと書いてあるんですよ。

 

 

荒牧監督:間違え方がいい感じの間違え方をしてるんですよ。おもいっきり間違えてるわけじゃなくて、微妙に間違えたっぽい感じで、非常に好感が持てました。

 

 

司会:それは狙ってやっているって事ですよね?

 

渡辺監督:もう完全に。そんな所まで再現しているんだと。ドゥニ監督にそれ指示してるのって聞いたら、「スタッフもファンが多いから言わなくてもやってくれるんだよ」と言っていました(笑)

 

司会:みんなの熱量が高いんですね。

 

 

司会:撮影現場のセットってどんな感じだったんですか?

 

荒牧監督:出来るだけセットで全部撮れるようにすごい努力していましたね。後でエフェクトや合成とかするんではなくて、撮り切りで映像になるように意識してやってると思います。

 

 

渡辺監督:けっこう自然光で撮ってるんですよ。(撮影監督の)ロジャー・ディーキンスさんが自然光にすごいこだわる方なんで。でもブレードランナーだから合成だろ、と思っていたら本当に自然光で撮ってて、ブレードランナーの世界っていつも曇ってたり雨降ったりしてるじゃないですか。で、撮影が「曇り待ち」になってて、今晴れてるから撮影が出来ないって言って、曇ってきたから撮るぞみたいな感じで、普通は逆なんですけど(笑)曇ったら撮影OKっていう感じで撮ってのが面白かったです。

 

 

渡辺監督:あと爆破を本当に爆破していましたね。合成なのかと思っていたら。

 

 

渡辺監督:体育館みたいなのが、ずらっと並んでて、それぞれに巨大なセットがあるんですよね。撮影中だったのは2〜3か所なんで、まぁどことは言えないんですけど(笑)

 

司会:そうですね、ほんと今日ギリギリトークですね。

 

 

荒牧監督:ちょっとドキドキしますね。

 

司会:セキュリティが今日も厳しいという状況なんですが、荒牧監督、向こうの例えば契約とかプロットを送ってきた時とかは、それなりにセキュリティとかは厳しいんですか?

 

 

荒牧監督:それなりにどころじゃなくてですね。送ってきたシナリオが丸一日過ぎると消えるというスパイ映画にありそうな状況で。僕その時たまたま実家に帰っていてパソコンがなくて、iPhoneでえらい苦労して読んだ記憶があります。なんで今日なんだよ!と思いながら(笑)

 

 

(観客からの質問)

Q.「ブレードランナー ブラックアウト 2022」のビジュアル面で一番こだわったポイントがあったら教えてください。

 

渡辺監督:いまは実写の世界でもアニメでやる大概の物は出来てしまう程CGも発達してきて、アニメとの境目がなくなってる。その上でアニメにする利点でなんだろうと思った時に、CGとかをすごい入れるとかではなくて、手描きのアニメーターを活かしたいというのがあったんですよ。日本の2Dの手描きのアニメーターというのは本当にすごい才能を持った人が沢山いて、その人達の才能をフルに活かしたいというのが一番にありました。普段だとなかなか頼めないようなビッグなアニメーターにも声をかけ、参加してくれたので、そこが見所です。人間が動いてこの動きは出来ないだろうというような所もありますので、そこに注目してもらえたらなと思います。

 

 

荒牧監督:渡辺さんのこだわりがほんとすごくて。モニターグラフィックスのシーンを作った時に、全部フォントを指定してくるんですよ。1作目で使用したフォントを。とにかく細かい。この人は(今回の監督に)なるべくしてなった人なんだなと思いました、素晴らしいです(笑)

 

渡辺監督:すみません(笑)...あと1分ですって書いてあります(ボードに)

 

※今回「2049」にちなんで、20時49分に上映するとの事で、49分まで1分前ですとスタッフからの合図がありました。

 

 

みんなでカウントダウンして、上映開始!

どうぞ、「ブレードランナー ブラックアウト2022」をご覧ください。

 

 

ブレランとビバップのファンは感嘆ですよね。

私もそうです(笑)

 

※上映終了後も、観客からの質問に応えてくれました。

 

(観客からの質問)

Q.「2022」を観て、ますます2049が楽しみになったんですが、22から49へと、どういった形でつながっていくのか教えていただきたいです。

 

 

渡辺監督:2049劇中でブラックアウトについてのセリフがありまして、ただ(ブラックアウト)についての説明が全然ないんですね。2022を見てから2049を見ていただくと、あーあらね!と分かるようになっていますので、是非2022観てから映画に行くようにと周りの人に勧めておいてください(笑)

 

 

他にも観客からの質問があり、無事イベント終了。

と思いきやここでサプライズが!

なんと、2049の間をつなぐ作品というものが実はあと2本あることが分かりました。

 

先ほどご覧いただいたのは2022年のお話でしたが、

その他に、2036年の「2036 ネクサス・ドーン」

2048年の「2048 ノーウェア・トゥ・ラン」という実写作品があります。

 

しかもこちらのメガホンを取っているのが「ルーク・スコット」監督といいまして、リドリー・スコット監督の息子さんです。

さらに出演していますのが、2049にも出演している方。

「2036」はジャレッド・レトさん、「2048」はデビッド・バウティスタさん。

この作品も2本続けて上映され、もう興奮せずにはいられませんでした。

 

ブログをご覧のみなさん、うれしい事に「2036 ネクサス・ドーン」も先日公開されました。

こちらです!

 

 

いかがですか、この何とも言えない緊張感。

 

 

10月27日までに「知る覚悟」を決めておきましょう。

 

 

『ブレードランナー 2049』
10月27日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

■公式サイト■
http://www.bladerunner2049.jp/

 

 

ブレードランナー関連商品続々登場中!

 

※豆魚雷「ブレードランナー」商品ページはこちら↓

http://www.mamegyorai.co.jp/net/main/category_item_list/category_item_list.aspx?category=1403

 

★バザロ米山★

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
大宮店
Tel:048-640-7333
※高円寺・大宮店では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode