<< NYコミコン2017開催中!ファースト4フィギュアのブースにダークソウル新作アイテムが!これはファン必見です! | main | 【NYコミコン2017】カルトホラー、SFにクトゥルーも!?出展各メーカーからメルビン桑沢が気になったNEWアイテムをご紹介! >>

「色んな意味でメーターがぶっちぎれている映画」「“美しい絶望感”をちゃんと出してくれた」ブレードランナー 2049を観た著名人たちのコメントをチェック!

            

2017年映画界の奇跡と言っても過言ではない「ブレードランナー」35年ぶりの続編

 


『ブレードランナー 2049』が10月6日、全米で一斉に公開され、絶賛の声が聞こえてきております。
日本でも先日、完成披露試写会が行われました。

 


公式サイトでは、日本の著名人たちの感想と映画を漢字一文字で表すと何か?という公開前特別企画が実施されております。
皆さんのコメントが非常に面白いので、ご紹介いたします。

 

映画監督(「シン・ゴジラ」等):樋口 真嗣さん

この映画を漢字一文字で表すと『正』

 

多分世界中の人たちが影響を受けて、フォロワーのような映画がいっぱいあったと思うんですけど、

その全ての映画を全部無しにするぐらい、本物だったという感じがします。

※動画↓

https://www.youtube.com/watch?time_continue=23&v=X2vupMt-l90

 

 

映画評論家:町山 智浩さん『雪』

 

本当に切ない物語になっていて、スタイリッシュでありながら、本当に心の底から泣ける映画になっていました。

※動画

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=_sdlPtGvnF0

 

 

映画監督(「るろうに剣心」シリーズ等):大友 啓史さん『今』

 

新しい「ブレードランナー」というよりも、前作の「ブレードランナー」の世界をより「しんか」させて、「しんか」というのは《進む》というより《深く》深化させていって...

※動画

https://www.youtube.com/watch?time_continue=18&v=1GrAo1ksK-4

 

 

映画評論家:中子真治さん『孤』

 

こだわらなければいけない部分とまったく新たに創造する部分が物凄く上手く噛み合っていて古い「ブレードランナー」マニアは納得させるし、初めて「ブレードランナー」というSF映画を観る人たちにこんなに素晴らしく、奥が深くて、人や魂みたいなものに問いかけるような、こういう映画はSF映画では珍しいですよね。

※動画

https://www.youtube.com/watch?time_continue=162&v=gqHHJqXrH94

 

 

映画監督:石川 慶さん『張』

 

前作にあった他のSF作品には無い“美しい絶望感”をちゃんと出してくれたなと、SFの未来を見て楽しんで帰るぞっていう話じゃなくて、ちゃんとそういうお土産を渡してくれる映画になっていたなと思いました。キューブリックの映画を観た後のような、一言で感想って言われたらちょっと難しいなと思うんですけど、いやでも凄かったですね。

※動画

https://www.youtube.com/watch?v=x7TIfW1sCWg

 

 

アニメーション監督(「交響詩篇エウレカセブン」他):京田 知己さん『解』

 

『ブレードランナー』にすごい影響を受けた世代でもあるので、僕らにとってはある種の“呪い”みたいな、どうしてもすごく影響されてしまうものがあったんですけど、今回観させてもらって、良い意味でその“呪い”が解けたような新しいビジョンを観させてもらって感激しました。

※動画

https://www.youtube.com/watch?v=rDQuryKuYNc

 

 

アニメーション監督(「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」他):荒木 哲郎さん『想』

 

僕が個人的に一番好きなのは、壁をぶち破るシーンなんです。そこを好きなのはどうなのかって感じなんですけど、ブレードランナーと言えば<壁をぶち破る>、やっぱりね!と思って、今回も壁をぶち破るシーンが来るたびに、良し!と思って。

※動画

https://www.youtube.com/watch?v=phPL-KErjWU

 

 

VFXスーパーバイザー(「シン・ゴジラ」他)佐藤敦紀さん『進』

 

普通のハリウッドのエンタテインメントの文脈からすると、すごくある意味遠い所にある映画のように思います。観ていてどちらかと言えば、ヨーロッパ映画みたいな気がしました。色んな意味でメーターがぶっちぎれている映画だなと、あとテーマ的にも、モチーフ的にも、AIとかバーチャルリアリティとか、攻殻機動隊のゴーストみたいな所の話にまで触れかけていたりして非常にテーマが前作以上に一歩も二歩も進めてある、すごく進化した映画かなという気がしてます。

※動画

https://www.youtube.com/watch?v=gNd9hztdsD4

 

◆公開前特別企画◆

豪華著名人に聞いた!“『ブレードランナー2049 』の魅力を漢字一文字で表すと?”

の完全版は公式サイトをチェックです↓

http://www.bladerunner2049.jp/reviews/

 

 

著名人の皆さんそれぞれのブレードランナーがあって、面白いですよね。

そして、わたくしも完成披露試写会に行かせていただきました。

もちろんブレランが大好きなので、その日は朝から不安や期待で緊張しておりました。

あまり多くは語れませんが、言いたい事は

前作からのブレラン・ファンには

 

大丈夫!

安心して観てください!

これから35年間、2049について語り合い、考察ができる。

こんな楽しい事ってないですよ。

 

そして、前作未見の方には

 

これを機にブレードランナーにハマらないと勿体無い!

 

です。

 

先日、『ブレードランナー 2049』前日譚短編・最後の作品「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」が公開されました。

2022年=大停電(ブラックアウト)

2036年=新型レプリカントの存在が明らかとなったことに続き、

空白の30年間を繋ぐ最後のエピソード。

今作を見る見ないでは、デイヴ・バウティスタ演じる人物の見え方が、かなり変わります。

 

 

いよいよ公開ですね。

ここに、ドゥニ監督の言葉も記しておきます。

 

 

私にとって『ブレードランナー 2049』は『ブレードランナー』へのラブレターとなっている。

この映画に参加したすべてのアーティストたちが

あの映画の世界観とリドリー・スコットの視点に大きな影響を受けている。

けれど、そんな世界を知らない世代も、『ブレードランナー 2049』がSFでありながら、

心揺さぶられるエモーショナルなドラマを堪能してくれることを願っている。

- 監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ -

 

 

『ブレードランナー 2049』
10月27日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

■公式サイト■
http://www.bladerunner2049.jp/

 

 

2049が映画界の奇跡ならばオモチャ界も奇跡が起きました。

いままでオフィシャルグッズがなかったブレランですが、この公開を機会にフィギュアやTシャツまで出てしまいました!

このチャンスを逃さないように。

 

 

※豆魚雷「ブレードランナー」関連商品ページはこちら↓

http://www.mamegyorai.co.jp/net/main/category_item_list/category_item_list.aspx?category=1403

 

※豆ブログでブレラン予習

・サンディエゴのコミコンで行われたトンデモないブレラン・イベントのレポート!

http://mamegyorai.jugem.jp/?eid=3920

 

・2019年から2049年までの間に何が起きていたのか分かる年表を掲載!

http://mamegyorai.jugem.jp/?eid=3953

 

・制作秘話が聞ける『ブレードランナー ブラックアウト2022』世界最速上映イベントレポート!

http://mamegyorai.jugem.jp/?eid=3962

 

★バザロ・K・米山★

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
大宮店
Tel:048-640-7333
※高円寺・大宮店では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode