<< 妖艶なる黒猫、LDD化。リビングデッドドールズから『バットマン リターンズ』ミシェル・ファイファー版キャットウーマンがラインナップ! | main | 禍々しき最凶の敵、ライフサイズで降臨!『ガイバー ダークヒーロー』ガイバー ゾアノイドが超絶バストで登場!スティーブ・ワン自らによる”本物”です。 >>

美しきクリーチャー、待望の1/6フィギュア化!『スピーシーズ 種の起源』シルが登場!可動フィギュアでこの透明表皮を再現したのは史上初!

            

SF・クリーチャーファン歓喜の逸品が登場です!

 

502088-22.jpg

 

映画『スピーシーズ 種の起源』登場の人気クリーチャー、巨匠H.R.ギーガーのデザインで有名なシルがスリーゼロからまさかの1/6可動フィギュア化
その驚愕のクオリティは必見です。
ついでに、シル立体化の歴史もちょっと振り返ってみましょう。

 

MPW-39413.jpg

 

スピーシーズ 種の起源』は1995年に公開されたSFホラー映画の秀作。
出演にタランティーノ作品でおなじみのマイケル・マドセン、マンダリンを演じていたベン・キングズレー、名優フォレスト・ウィテカーと今見るととても豪華なキャストでしたね。

 

6faf4849dd83639cec8f6d5a2671f18b--beautiful-eyes-natasha-henstridge-body.jpg

 

中でも一番の注目だったのが、シルの人間態を演じた当時新人のナターシャ・ヘンストリッジ(通称ナタヘン)の類まれなる美しさ!
そのあまりの美貌で全国のホラー映画好き青少年を虜にし「これなら殺られてもいいや…」とメロメロになってしまう事案が続出したとかしなかったとか。

 

と、ここではナタヘンではなく変身後のシルの話をしなければ。
この映画が公開前からSF・クリーチャーファンの間で注目を集めていたのは、変身前ではなく変身後のシルのデザインにあります。

 

Sil-Species-Natasha-Henstridge-c.jpg

 

こちらエイリアンでおなじみの巨匠H・R・ギーガーがデザインを手掛けているんですね。
当時これはファンの間でかなり話題になりまして、そっち系の各雑誌でも色々と特集が組まれていましたっけ。
つまり公開前からすでに人気が確定していたクリーチャーだった、というかんじでしょうか。

 

ギーガーデザインの新クリーチャーとして注目されていただけあり、こちらのシルは公開当時すでにオフィシャル商品がリリースされました。

 

BOC_mask_12.jpg

 

それがこちら。ラテックスマスクの有名メーカー、かのドンポストスタジオが早々にマスクをリリース。
当時のホラー系雑誌にこのようなオファー広告が載りました。その注目度の高さが伺えます。
ちなみにシルと同時に雄のクリーチャーのマスクもリリース。こちらは劇中には登場しません。(続編スピーシーズ2に登場する雄クリーチャー・パトリックとも別物)

 

7a988fbf64c95d588e3f6b4eb68292b0.jpg

 

マスク自体の出来も素晴らしく、顔面部分には透明素材を使用した二重構造。
当時日本では入手が困難でファン垂涎の逸品でした。


その後もオフィシャルの立体化が続きます。

 

s-l1000.jpg

species-model-craig-incardone.jpg


こちらは待望の全身モデル、米ホライゾン社のガレージキット。

 

6202fda216f6b3529037097041a113d3--statues-pins.jpg

 

こちらの立ち姿バージョンも。
どちらも完成品スタチューがリリースされ、長らくシルの立体物の決定版として君臨しておりました。

 

そして続編『スピーシーズ2』公開時には、おなじみマクファーレントイズのムービーマニアックスシリーズにスピーシーズキャラがラインナップ。
スタチューではなくアクションフィギュアでの初リリースにファンは歓喜したのですが…

 

c8280ce1-d600-42fa-aee0-97d79caceeeb.jpg

 

一作目のシルではなく続編の”イブ”だったんですよね。
これはこれで嬉しかったんですが、やはり「シルのほうも出してよー!」の声が圧倒的に聞こえていましたねー。

 

comparison.jpg

 

ちなみにこのイブのフィギュア、コレクターショップ向けとトイザらスなどの一般トイショップ向けのものでは仕様が異なりました。
胸の造形が異なり、皆手に入りにくいレアな乳首付きを探して奔走していましたっけ。

 

それからしばらく経ち、サイドショーから凄いスタチューがリリースされました。

 

a507ec77a9c58917b563f7523811caf3.jpg

 

こちらのスタチュー、透明感ある塗装が凄い!と思ったらなんと、顔面と胸部に透明パーツを被せた二重構造になっているのです。
スタチューでは今までどこも再現していなかったこの質感表現に皆驚きました。さすがサイドショー!

 

そして近年では、シルのスタチュー最高傑作ともいえるアイテムも登場。

 

326622-2.jpg

 

ロズウェルからリリースされた1/3スケールスタチュー、こちら国内クリーチャー造形の雄・佐野好彦氏が手掛けた珠玉の逸品です。

 

9781883398125.jpg

 

こちら、スティーブ・ジョンソンが製作し「SPECIES DESIGN」の表紙も飾ったあの「ギーガーミュージアムのシル」を忠実に立体化した作品でした。

 

それから数年。ついにファン待望のアイテムがリリースされます!
こちらです。

 

502088-11.jpg

 

スピーシーズ 種の起源/ シル 1/6 アクションフィギュア

 

スリーゼロがやってくれましたっ!ついにシルの可動する1/6スケールアクションフィギュアが登場です!
こんなアイテムが出る日がこようとは…。生きててよかった…。

 

502088-1.jpg

 

このアイテム、特筆すべきはなんといってもその美しい全身の透明感。
なんと胴体、腕、脚にはPVC製の軟質透明素材の表皮を使用!!

 

502088-12.jpg

 

透けて見える内骨格を含め、デザインされたギーガーの意匠を忠実に再現しているのです!
これは凄いっ!可動フィギュアでこの透明表皮を再現したのは史上初

 

502088-17.jpg

 

全高約35センチの大型ボディは文句なしの迫力です。

 

502088-3.jpg

 

生物的な表現となった専用のディスプレイスタンドも付属。
貴方だけのシルをお気に入りのポージングで飾っちゃいましょう。

 

502088-22.jpg

 

こんな夢みたいなアイテムがリリースされるなんて…。
SF・クリーチャーファン、そしてギーガーファンの皆様、是非ともお見逃しなく!

 


ご予約はこちら↓
スピーシーズ 種の起源/ シル 1/6 アクションフィギュア
http://www.mamegyorai.co.jp/net/main/item_detail/item_detail.aspx?item=502088

 


ちなみに、

 

Patrick_Ross_2.jpg

 

こちらのパトリックも出してくれたら嬉しいなぁ…。
絶対無理そうですが。

 

 

●メルビン桑沢●


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
大宮店
Tel:048-640-7333
※高円寺・大宮店では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode