<< 80年代ホラークイーン「エルヴァイラ」の新刊登場でVHS少年の思い出甦る!プレビュー5月号コミックご予約開始です! | main | 口が大きく開くやつはだいたいカッコイイ >>

プラモの都、静岡にて行われた年に一度のホビーの祭典!超独断かつ個人的、第57回静岡ホビーショーレポート。

            

どうも!B・黒須です。

 

今年もやって参りました、新茶とホビーの季節です。

 

タミヤさん、アオシマさん、ハセガワさん、フジミさんを始め、名だたるプラモデルメーカーさんが集まる土地、静岡県。

そんなプラモの都で、毎年新茶の季節に行われるのが静岡ホビーショーなのです。

 

title_1000_b.jpg

 

という訳で最早どんなイベントでも恒例となりつつある、超独断かつ個人的に気になったアイテムに絞った偏りまくりなレポートを今回のホビーショーでもやらせていただきます!

「あれ…確か会場にあのアイテムがあったはず…」そんな事はご愛嬌!

 

それでは早速参りましょう。

ちなみに会場で展示されているプラモデルは作例のため、組み立てや塗装がされている物が多数ございます。

実際は組み立て、塗装が必要となりますのでご了承ください。

 

メビウス、ポーラライツ、MPC、ペガサス、リンドバーグなど、パッケージからして日本のプラモデルとはまた一味違う、独特な風格を漂わせる海外製キットたち。

そんな海外製キットを多く取り扱われているプラッツさんから新作をご紹介していきましょう。

 

『サンダーバード』、『キャプテン・スカーレット』など個性的で人間性が加わった特撮人形劇をはじめ様々な作品を手掛けるイギリスのプロデューサー、ジェリー・アンダーソンにより1970年代に製作された『スペース1999』からホークIXが登場。

IMG_0005.jpg

 

お次は長年多くの方が夢見た、『2001年宇宙の旅』のディスカバリー号立体化。それをついに現実の物としたメビウス。

その感涙のディスカバリー号キットのディディールをさらに上げるべく製作されたエッチングパーツをセットにした、コダワリのディスカバリー号を製作したいあなたに最適のセット商品が登場です。

IMG_0021.jpg

 

ポッド部分を覗くとこの通り!思わず目を細めてしまう様な精密なエッヂングパーツたちで、しっかりとディティールアップされております。

IMG_0023.jpg

2001年宇宙の旅/ ディスカバリー号&ポッドベイディテールアップセット 1/144 プラモデルキット SP2001-B

 

ちなみにポッド以外の部分のエッチングパーツを付属させたセットもございます。

2001年宇宙の旅/ ディスカバリー号&インテリアディテールアップセット 1/144 プラモデルキット SP2001-A

 

70年代にリリースされていたMPCの『パイレーツ・オブ・カリビアン』(アトラクションの方です。)のキットの様な雰囲気を漂わせるリンドバーグのジョリー・ロジャーシリーズ。海賊、恐竜、宇宙船は少年心をくすぐる三種の神器です。

IMG_0007.jpg

 

というか…ほとんど一緒の様な気がします!

 

79年〜81年 F1グランプリでイタリアのアルファロメオが走らせた179/179C。過去にリリースされたキットは入手困難らしく、ファンの方には待ってましたなアイテムも。

IMG_0009.jpg

 

そして会場では、記憶に新しいクリス・パインがカーク船長として活躍するリブート版スタートレック3作目『スター・トレック BEYOND』から印象的だったスターシップU.S.S.フランクリンのキットが、新製品として会場発表されておりました。

IMG_0018.jpg

 

作例も展示されていてそのスタイリッシュなフォルムをまじまじと堪能。

IMG_0024.jpg

 

こちらはペガサスによる新製品、火星探査機キット。

先ほども書きましたが、海賊、恐竜、宇宙船は少年心をくすぐる三種の神器です。

IMG_0016.jpg

 

他にもペガサスからは、名作SF映画「宇宙戦争」から見た目の可愛さがたまらない火星人キットが再登場。

IMG_0013.jpg

 

そして、メビウスの66年版バットマンシリーズから遂にニッコリ笑顔のこのお方、ジョーカーがキットで登場。

IMG_0012.jpg

 

私自身、中々プラモデルを組むという事がなくBOXのまま保管されてしまう事が多いのですが、この素組をみたら、これはこれで良いかも!と思ってしまいました。

IMG_0011.jpg

 

どことなく70年代とかのマークス社ディズニーアイテムみたいで単色も素敵じゃないですか?

(参考画像です。)

 

さてお次はオートアートさんのブースです。

いつもながら1/18に収められた精密な再現は惚れ惚れします。

細部までしっかりと作られている事を証明するこちらは日産スカイラインRSターボ。

IMG_0029.jpg

 

さらにオートアートさんでは80年代多くのバイクファンを生み出したであろう漫画『バリバリ伝説』を1/12スケールで鋭意製作中との事!ぜひ今後も漫画、映画に関連するアイテムも続々リリースしていただきたいです!

IMG_0027.jpg

 

バンダイさんブースでは、6/29(金)に公開を控える映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』からミレニアム・ファルコン(ランド・カルリジアンVer.)1/144キットの作例を展示。

IMG_0031.jpg

IMG_0034.jpg

 

ますますラインナップも広がっていくスター・ウォーズプラモデルでは、なんと!横型、縦型を再現できるBウィング・スターファイターが8月に仲間入りする様です。

IMG_0036.jpg

 

個人的に驚愕したのが、この手のひらサイズに収まるデス・スターIIのキット。

IMG_0040.jpg

 

手のひらサイズながら、この建設中の感じが見事なまでに再現されていて、会場で思わず見入ってしまいました。

IMG_0038.jpg

 

アオシマさんのブースでは巨匠・宮崎駿監督作品の『未来少年コナン』から待望の新作アイテム、ロボノイドの原型が展示されておりました。

IMG_0055.jpg

 

そして個人的には首をながーーくして待っているスターウォーズ、X-MEN、バットマンのオリジナル作品も描いた麻宮騎亜先生の代表作『サイレントメビウス』のポリススピナーの姿も。

IMG_0059.jpg

 

映画『レディ・プレイヤー1』でも話題となったメカゴジラですが、アオシマさんから正式なアナウンスが待たれる、映画『ゴジラ×メカゴジラ』MFS-3 3式機龍のキットは発売が秋となり期待が高まります!

IMG_0061.jpg

 

新規パーツを加えて『仮面ライダー』の本郷猛のバイクや、丘ユリ子が付属する『帰ってきたウルトラマン』のマットビハイクルを再販するハセガワさん。

IMG_0042.jpg

IMG_0049.jpg

 

驚いたのは、正統派なイメージの強いハセガワさんから登場する変化球すぎるアイテム。

その一つがJKメイトシリーズ。

JK…?

 

そう女子高生です!

IMG_0050.jpg

 

変化球だけど、かなりの本格派!どう使うかはあなた次第!

IMG_0052.jpg

 

そしてもう一つはOKバブリーなこのアイテム。

ワンレン、ボディコン(呪文の様に聞こえてしまう世代の方は検索してみましょう。)と当時の流行をこれでもかと再現し、作例のカラーも目にも鮮やかで最高です。スープラとかセルシオやシーマのプラモ脇にセットすると良いかもしれませんね。

IMG_0053.jpg

 

タカラトミーさんのブースではトランスフォーマー マスターピースシリーズからビーストウォーズのダイノボットとメガトロン2体が揃い踏み!

IMG_0065.jpg

 

グッドスマイルカンパニーさんが新たに手掛けるプラモブランド、MODEROIDから登場するゴッドマーズ。

IMG_0083.jpg

 

合体前のガイヤー、ウラヌス、タイタン、シン、ラー、スフィンクス の状態でも楽しめるのは嬉しいポイント!(合体はパーツ差し替えで再現されるそうです。)

IMG_0084.jpg

 

 

そして静岡ホビーショー参戦は約10年ぶりとなるコトブキヤさん。

イチオシはと言いますと、

 

「破壊も創造もすべておまえが決めろ…。」

 

という渋いフレーズが胸を突く、スクラッチ&ビルドをコンセプトにしたオリジナルプラモシリーズ「ヘキサギア」。

IMG_0067.jpg

 

ヘキサギアとはプラモデルとブロックを掛け合わせた様な各パーツを組み合わせる事で、説明書通りのメカを作るも良し、様々なパーツを掛け合わせオリジナルメカを創造するも良しな新感覚のアイテム。

IMG_0076.jpg

IMG_0074.jpg

 

そして何より、その世界観も僕らの心に眠る 中二病的な 少年心をくすぐりまくり!

 

 

どこかで見たようなバイク!

IMG_0068.jpg

 

クリーチャーっぽいメカ!

IMG_0069.jpg

 

沢山のパーツを組合す事で生み出す巨大恐竜型メカ!

何度も書きますが、海賊、恐竜、宇宙船は少年心をくすぐる三種の神器です。

口元にチェーンソー的武器を追加するなんてたまらなすぎます。

IMG_0070.jpg

 

そんなコトブキヤさんオリジナルシリーズ・ヘキサギアですが、本日5月14日から公式HPに新機能が搭載!

それが「ユーザー作品投稿システム」!

投稿された作品は所属陣営、各パラメーターが作られミッションに参加出来るという楽しさ満載システム。

 

気になる方はぜひ公式HPをチェックしてみましょう。

http://hexa-gear.com/

 

今後も目が離せないヘキサギアですが、現在巨大アイテムの商品化も検討しているようなので、乞うご期待ですよ!

IMG_0077.jpg

 

さて、超独断かつ個人的に気になったアイテムのみな、偏りまくりな静岡ホビーショーレポートでしたが如何でしたでしょうか?

少しでも楽しんでいただけたり気になるアイテムを見つけていただけたら幸いでございます。

 

それでは本日はこの辺で。

ではでは〜。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
大宮店
Tel:048-640-7333
※高円寺・大宮店では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode