<< 俺ちゃん来日!六本木熱狂!映画『デッドプール2』レッドカーペット・セレモニーに潜入! | main | トカゲにサンタに夢のジェイソン!?注目の新作ホラー&SFアイテムをマニアックにご紹介です。 >>

その数300体超え!アメコミや映画フィギュアがギッシリな幸せ空間-TAMASHII Comic Con-爆誕。

            

どうも!B・黒須です。

 

日本に新たなるコミコンが産声をあげました。

先週末の5月25日から27日の三日間、渋谷で開催されたバンダイ(バンダイスピリッツ)さんが手掛ける新たなイベント『TAMASHII Comic-Con(タマシイ コミ魂)』。

main_02.jpg

 

今回、(恐らく)バンダイさん初となるアメコミや映画作品にスポットを当てたイベントという事もあり、実際に会場に行かれた方、SNSなどでその様子をすでにご存じの方も多いと思いますが、改めておさらいという意味も込めてレポートをさせていただきます!

ちなみに今回は私の他に豆魚雷のニューカマー、Noヒットガール(早川)が一緒でしたので、ヒヨッ子感あるコメントとも交えてレポートさせていただきます。

 

それでは早速参ります!

 

 

会場は昨年、渋谷にオープンした新たな施設、渋谷キャスト。

普段は建物前にちょっとしたスペースが広がっておりますが、イベントに併せて等身大のブラパン閣下(ブラック・パンサー)とスパイダーマンがお出迎え。そして嬉しいのは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のあのワカンダバリアっぽさのあるドームに入って一緒に撮影が出来るというありがたい仕様に!(実は違う意図だったとしても、そういう事にしてください。)

IMG_0191.jpg

 

閣下とスパイディを後に会場に向かうと会場入口には、『ジャスティス・リーグ』の皆さんが勢揃い!

もちろん写真は撮り放題でございました。

IMG_0189.jpg

ちなみに豆魚雷のNOヒットガール(NHG)はこの入口まで来てこう感じたそうです。

NHG:「超BIGなヒーローたちにテンションがパァン!です。全部何メートルあるんだってくらい、でかいです!」

 

等身大だから、いっても2m弱じゃないかな?とツッコみたい気持ちはさておき、やはり等身大のヒーローたちが会社の垣根を越えて同じ空間にいるというのは少なからず興味があれば思わずテンションが上がってしまうものですよね。

 

さぁそれでは、いよいよマーベル、スターウォーズそしてDCを中心にアメコミ&映画アイテムが300体超えのフィギュアファン至福の空間かつ、新たなアイテムのサンプルが多すぎてレポートを書く私を確実に殺りに来た魔の空間へ参りますよ。

 

それではどうぞ!

まず入口では、S.H.フィギュアーツに新たにラインナップされた『ハリー・ポッターと賢者の石』シリーズがお出迎え。

 

S.H.フィギュアーツ:ハリー・ポッター

IMG_0103.jpg

 

S.H.フィギュアーツ:ロン・ウィーズリー

IMG_0102.jpg

 

S.H.フィギュアーツ:ハーマイオニー・グレンジャー

IMG_0104.jpg

NHG:付属品が…すごい。ハリーにはヘドウィグ、ロンはスキャバーズと、相棒たちが付いてくるではないですか!
特にロンのスキャバーズ。ネズミとしてはかなり大きい設定なのですがフィギュアーツになるとすごくちっちゃくて悔しくも可愛いと思ってしまった…中身オッサンなのにーーーー!
ハーマイオニーの付属品は本ですが、いつかクルックシャンクスも出るのかなぁ。いやバンダイさんなら出してくれるはず!

 

 

そして入口からして、ハリー・ポッター越しに目に入ってくるのは驚愕の量のスターウォーズフィギュアたち。

これで一部なので、その量は本気度しかありませんね。

 

NHG:ずらっと新作!?どこから見たらいいんだ…迷う迷うぞ…
とNHG(Noヒットガール)がヒットを飛ばす様子がないので、ザクザクっとご紹介させていただきます。

IMG_0116.jpg

 

参考出品ではありますが、フィギュアーツシリーズに満を持して?登場するのは、ある意味愛されている?迷キャラクターのジャー・ジャー・ビンクス。

IMG_0113.jpg

 

そして扉が開き佇む姿を再現できるケープ付きのダースモールや、

IMG_0112.jpg

 

ナブーの女王姿のアミダラのメインキャラクターに加えて、

IMG_0114.jpg

 

サイボット・ギャラクティカ社製の翻訳ドロイドTC-14(C-3POは壊れたサイボット・ギャラクティカ社のドロイドパーツから作られたので非常に似ていますね。)、バトルドロイドはパイロット、コマンダー、セキュリティ、そして写真には無いですが、クローントルーパーもルーテナント、コマンダー、サージェントにキャプテンとバリエーションもしっかり出したいという意欲がファンにとっては嬉しい悲鳴ですね。

IMG_0115.jpg

 

個人的には、しっかりヨーダのサイズ感をキープしつつ、このにじみ出るフォース(私にはフォースが見えました。)がたまらない『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』版のヨーダにグッときました。

IMG_0174.jpg

NHG:ヨーダさんちっっっちゃいのに顔のシワや指の関節が細かい…このおじいちゃん、じろじろ見ても飽きないですb

(偉大なるマスターヨーダをおじいちゃんと呼べるニュータイプですが、お許しください。)

 

他にも現在進行形で進み、新たなるスターウォーズ伝説を紡ぎ出している『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』からもフォースの覚醒ver.のレイや、

IMG_0120.jpg

 

トルーパー姿のフィンに加え、

IMG_0121.jpg

 

スターウォーズファンの多くが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の予告編で登場した時は鳥肌モンだったであろう、この男!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ver.のハン・ソロ。先日プレミアムバンダイからリリースされた老ルークの横に飾りたい!あわよくば、レイアもフォースの覚醒、最後のジェダイのどちらかのver.でリリースしていただきたい!という願望は私だけではないはずです。

IMG_0119.jpg

 

ちなみに老ルークは最後のジェダイの終盤、惑星クレイトでの決戦で見せる姿もしっかりと立体化。

IMG_0123.jpg

 

そして6月29日(金)の公開が待ち遠しい映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』からもS.H.シリーズがお目見えです。

 

今作にて190歳と言う事が判明したチューバッカ、

IMG_0124.jpg

 

沼の惑星ミンバンだからコケっぽい?ミンバン・ストームトルーパー、

IMG_0126.jpg

 

そして参考出品となるインペリアル・スピーダー・トルーパー。スピーダーバイクもしくはランドスピーダーに乗っているのでしょうか?新たなトルーパーも続々登場して着実に帝国軍がアップデートされていきますね。

IMG_0128.jpg

 

もちろんスターウォーズシリーズには欠かす事の出来ない伝説のはじまり旧三部作(EP4、EP5、EP6)からも新商品や参考出品の数々が。

IMG_0170.jpg

 

ベーダ―卿のサイドをピタリと守るロイヤルガードはフィギュアーツZERO仕様(無可動)の参考出品。

IMG_0111.jpg

 

ロイヤルガードはフィギュアーツZERO仕様ですが、こちらはまさかのS.H.フィギュアーツ仕様!?なハン・ソロ カーボナイト。

可動するんですかね…手首が…。

IMG_0110.jpg

 

カーボナイトと共に並べたい賞金稼ぎが生業なこのお方!ジェダイの帰還版のボバ・フェットさんもいらっしゃいました。

IMG_0109.jpg

 

そしてスターウォーズにおいてはクリア版も単なるバリエーションではなくなる霊体となったオビ=ワンフィギュア―ツ。

IMG_0108.jpg

 

他にもトルーパーの皆さんや、

IMG_0169.jpg

 

ジャワに加えて、壊れなければもしかしたら主役級だったドロイドR5-D4まで参考出品ながらいらっしゃいましたよ。R5-D4までラインナップされるとさすがにバンダイさんの愛が伝わってきますね。

IMG_0168.jpg

 

そして中でも多くの方の目を引いていた並々ならぬ愛情を感じるのが、この超絶ウィケットと、

IMG_0107.jpg

 

尻尾がフル稼働なジャバ・ザ・ハット!個人的には映画『スペースボール』のピザ・ザ・ハットもぜひ立体化していただきたい!

IMG_0106.jpg

NHG:両手で抱え込むくらい大きい! しっぽと腕が動くみたいでいい意味で気持ち悪い!?

注)脳内では両手で抱え込む位の大きさという事で現実とは異なりますのでご注意を…。

 

 

そしてお次は『パシフィック・リム』。

その作りこみとコダワリで多くのファンを唸らせた、あの超合金魂ジプシー・デンジャーの横には期待しかないクリムゾン・タイフーン。

IMG_0130.jpg

 

これが超合金で動かせるなんて、ファンには垂涎のアイテム間違い無しです。

IMG_0131.jpg

NHG:あの3つ腕のレッドのロボットは…キャークリムゾンタイフーンだ!こっち向いてー!片方は1つ、片方は2つの特殊なシルエット、中国モチーフのアジアンミステリーな味付けが大好き中の大好きでもう、離れた所で見つけてめっちゃはしゃいでしまった///

 

そして『パシフィック・リム:アップライジング』のロボット魂を使用した燃えるジオラマ展示も。

IMG_0132.jpg

NHG:決戦の地、渋谷へ向かう射出シーンが再現されているぅーーー
あのtrololo songが脳裏に蘇る、もう自分の脳内では発射寸前、いっけぇーーーーカイジュウをやっつけろーーーーーー!!!!!
やはりジオラマ展示という物は否が応でもおかしくして盛り上げてしまう効果があるんですね…。

 

 

個人的におかしくなって盛り上がってしまったのはこちらのジオラマ展示。

IMG_0183.jpg

NHG:わーーーーーなんだこの!大集合感!!これはもう見るだけで贅沢なのでは!最高かよ………
アイアンスパイダー、股関節めっちゃ開いてませんかこれ??どこまで動かせるんだ、試してみたい…!
ロケットラクーンもちんまいのにこれモサモサしてるみたい、ナデナデしてぇーーー
アイアンマンとハルクバスターのアーマーの落ち着いたギラつきが、存在感を放っていて自然と目が離せないっっ。

もちろん私だけでなく、うちのNHG(NOヒットガール)はすでにおかしくなっちゃってました…。

 

暴君サノスもこのジオラマ展示の中でポーズをキメていると、何故かヒーローのボス感が漂います。

IMG_0185.jpg

IMG_0184.jpg

 

そしてインフィニティー・ウォーのジオラマ展示の中には、遂に短髪ver.としてフィギュアーツシリーズに登場するソーの姿も。

キャップに続き着実にファンが増加中のキャラクターだけに反響も大きかった様です。

IMG_0136.jpg

 

遂に50番台に突入したNEWアーマーのアイアンマン。特徴的なナノウエポンを再現したverで登場。

 

こちらは待望のティチャラフェイスが付属されるブラパンこと、ブラックパンサー。

IMG_0138.jpg

 

まだまだ『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の余韻に浸っている今日この頃ですが、すでにフィギュア界は一歩先へ!という事で8月31日公開予定の映画『アントマン&ワスプ』からのラインナップも発表。

IMG_0139.jpg

 

今作の新スーツの特徴の一つ胸元のありんこフェイスデザインも再現されたアントマン。

IMG_0142.jpg

 

今回の注目キャラクター、ワスプの胸元にも蜂フェイスがしっかりと再現!

IMG_0140.jpg

 

そして驚きなのが現在は日本国内での発売は未定の様ですがアントマンが乗車?乗蟻??可能サイズの蟻んこまでもが登場。

これは中々のインパクト!

IMG_0141.jpg

 

そしてアイアンマン収集家でなくても、マーベル映画がお好きな方なら誰しもが憧れを持つこの光景。

これは清々しい!このアイアンマンスーツを見ながら石原裕次郎ばりにブランデーを飲んでトニー・スターク気分を味わいたい…。

IMG_0154.jpg

 

ホール・オブ・アーマーをフィギュアーツでコンプリートを目指す方には、本当にリリースの待ち遠しいアイアンマン マーク1。

IMG_0155.jpg

 

他にもバイソン、ミダス、ホットロッド、センチュリオンと広がるアイアンマンワールド。

IMG_0156.jpg

 

『アイアンマン2』のラストバトルを再現したジオラマ展示も。今までこれだ!というドローンの立体化もないので、ぜひフィギュアーツシリーズでラインナップして欲しいです…。

IMG_0153.jpg

 

そして、最新作を追いかけるだけでなく、MCUの過去作品にもしっかりと抑えにくるのがバンダイさんの素敵な所!

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の中で原作ファンにご褒美的なコスチュームを披露したアーミーマスコットver.もフィギュアーツで。これは楽しみ。

IMG_0143.jpg

 

やはりこのお方がいなければ何処かしまらない…。という訳で我らが長官ニック・フューリーの姿も。

IMG_0146.jpg

 

個人的に嬉しさ爆発だったのは、1作目である『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』からのラインナップ!

IMG_0180.jpg

 

スター・ロードはロングコートと、あのウォークマン(きっと立体化の都合上、正確にはウォークマン似な物)を装備出来るのは最高過ぎな仕様です。

IMG_0177.jpg

 

ロケットは印象的なオレンジコスチュームで登場。

IMG_0179.jpg

 

そして、何と言ってもおっきいグルートが本当に最高!ここ最近ベイビーグルートの強烈な可愛さが印象に残り過ぎていましたが、おっきいグルートもやっぱり良い!

IMG_0176.jpg

 

スターウォーズ、マーベルときて忘れちゃいけないDCコミックス勢も、もちろんいらっしゃいますよ。

もう間もなくの6月15日に公開を迎える『ニンジャバットマン』。

 

日本から世界に放たれる作品だけあって映画だけにとどまらず、フロムJAPANなフィギュアたちも世界を駆け巡ってほしいですね。

ラインナップは主役のニンジャバットマンと第六天魔王ジョーカー様に加えて

IMG_0157.jpg

IMG_0159.jpg

 

初お目見えな、城の屋根でジョーカーと激闘させたいフィギュアーツ戦国バットマンと

IMG_0158.jpg

 

ぞろぞろと集めたいフィギュアーツZEROの笑い武者。

IMG_0160.jpg

 

安心してください!映画版『ジャスティス・リーグ』もちゃんと勢ぞろいします。

IMG_0173.jpg

 

このサイズ感でこのクオリティとボディバランスには惚れ惚れするしかないサイボーグ。

IMG_0171.jpg

 

単作映画も楽しみなアクアマンのアーマーも負けじとかなり細かいモールドが表現されていて期待高まります。

IMG_0172.jpg

 

日本屈指のクリエイター竹谷隆之氏をデザインアレンジに迎え展開する、和をテーマにして世界に誇る名将REALIZATIONシリーズからもニューアイテムたちが続々!

IMG_0162.jpg

 

マスクモチーフの兜と鉤爪がしっかり和テイストとマッチしている無法者ウルヴァリン。無法者…まさしく。

IMG_0163.jpg

 

動物園で夜行性の動物を探すように、陰にひっそりとたたずんでいて本当に気付かない人もいたのではないか…と若干心配にる隠密ブラックスパイダーマン。

IMG_0165.jpg

そして今回のタマシイ コミ魂で個人的に目玉の一つでもあった、実際にマーベルが手掛けたスペシャルなアメコミがCLUB TAMASHII MEMBERS特典として配布されました。ちなみに『ウェイワード』『サンダーボルツ』などアメコミ界で活躍するライター、ジム・ザブ先生と『Ms.マーベル』のアーティストを務めるミヤザワタケシ先生による作品で、アメコミファンにはたまらないスペシャルな一冊でした。

coverpencils.jpg

 

マーベルだけでなく、名将REALIZATIONシリーズからはスターウォーズもズラリと展示。

IMG_0166.jpg

 

「翻訳からくり C-3PO」このネーミングセンス最高です。

IMG_0167.jpg

 

そして今回のTAMASHII Comic Conにて発表された新シリーズ『超合金HEROES』。

main_v.jpg

 

たまに合金製のフィギュアを総称して超合金と思わず呼んでしまう事がありますが、超合金という名称が使用できるのはバンダイさんのみ!その超合金のはじまりは1974年のマジンガーZから。(写真は復刻版)

 

そして今回の『超合金HEROES』はこの70年代の超合金たちをモチーフに作られたアイテムで、単純にディフォルメしたアイテムとは訳が違うのでございます!まさに70年代に超合金シリーズでマーベルキャラクターたちがリリースされていたら…?というビンテージ感溢れるアイテムなんですね。

 

豊富なラインナップも魅力的!

IMG_0150.jpg

IMG_0149.jpg

侮るなかれ『超合金HEROES』!

 

という訳で、新商品が続々過ぎて若干…実は大分大変だった今回のレポートですが、日本にアメコミや映画のイベントが新たに誕生するのは本当に嬉しいですね!バンダイさん、来年もレポートを頑張って書きますので、ぜひ開催してください!切に願っております。

 

それでは今回はこの辺で!

ではでは〜。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
大宮店
Tel:048-640-7333
※高円寺・大宮店では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode