<< 9月26日、21時からニコ生です。ホラーの秋!美少女の秋!?集まれホラー大好きっ子。コトブキヤさん『ホラー美少女』特集です。 | main | 刃を擦り合わせる音が聞こえるか... Gecco待望の新作、シザーウォーカーが遂にご予約開始。 >>

”復讐の鬼、再び来たる”マスターピースの1つ、ヴェノム・スネークが鬼と化し、ご予約開始

            

”1年前のSDCC… 

 

俺達は 

 

Geccoの新型メタルギア製品が極秘裏に展示されるという情報をつかんだ

 

 

今思えば―― 
貯金をすべきだった…”

 

2のOP引用したのは、本日の高円寺こんな雨だからです、つらい。タバコは捨てるなよ。

 

ということで、

SDCC2017にてGeccoさんのブースで展示されていた

ヴェノム・スネークの限定版スタチュー。

ついにご予約が開始いたしました!

 

ヴェノム・スネーク PLAY DEMO ver 1/6スケール スタチュー

 

本日はスタチューの魅力に迫ったり、

以前発売したヴェノム・スネークとの違いの解説、

そしてTPPの思い出に浸っていこうと思います!

 

好きなコンテンツの時、思い出浸りがち!!

 

 

奥にクワイエットが。手前は雄っぱい、奥はおっぱい。

 

こちらが件のSDCC2017で展示されたもの。

当ブログでもご紹介したので、ご存知の方や

待ちわびていた方も少なくないと思います。

 

ご覧の通り、上半身裸。

いわゆるネイキッドです。

プレイデモの冒頭で、この状態でしたね。

 

子供の頃、こんな縫い傷憧れませんでした?僕は一箇所出来た時、大泣きした末嬉しくなりました。中二病は不治の病。

 

既発の製品は、全身迷彩服だったので違いは一目瞭然。

そして製品化の手間も一目瞭然...。

色替えで再販、なんて事が常であるなか

毎回「ええ...こんなに新規造型して大丈夫ですか...」

となってしまいます。本当に大丈夫なんでしょうか。

原型を担当した山岡真弥さんは、

以前のヴェノム・スネークを製作した際

筋肉を造形してから、服を着せるようにしていったとのこと。

前回から既に手間暇がかかっていたのか..!

 

 

肉体美を堪能出来る造形、せっかく作られていたからには

日の目を浴びないのは実にもったいない。

こういった形で見られるようになり万々歳です。

 

 

 

もうお気付きの方も多いとは思いますが、

今回は額のツノ部分が、前回の物よりかなり長いです。

ゲーム内で非人道的な行いをするとツノが伸び、

身体中血まみれとなる隠しステータス。通称、鬼スネーク。

 

Paint it Blood

 

ただ、マザーベース発展に尽力していると意外とこうはならない。

多くの方は核製造後になったくらいでしょう。

それでも要所要所に、シリアスで重い展開が待ち受けるTPP。

今作の根幹にある、「報復・復讐」というテーマを

如実に表したこの姿はファン待望ではないでしょうか。

 

ネイキッド状態の上半身には、おびただしい数の傷が刻まれ

額のツノは伸びきっている。

「ヴェノム”毒”」

というコードネームを関するに相応しい雰囲気に。

GZのエンディングで絶望的な光景と記憶を刻み込まれた、

スネーク達と、我々プレイヤー。

そんな思いをありありと思い起こす、TPPらしい仕上がりです。

 

 

そんなシリアスな雰囲気が終始貫かれながらも、

作中のいたるところに小ネタや遊び心が仕込まれているのがMGS。

そんな思いはGeccoさんの製品でも、

まるでMEMEかのように引き継がれております。

 

MGSあるある。クロスオーバー時、スネーク叫びがち。

 

はいだらぁぁぁああ!!!

 

すみません。シリアスな文が続いたので、

大きな声を出したくなってしまいました。

 

TPPの装備品の大きな特徴として

”バイオニックアームにも機能の幅がある”

という事が挙げられると思います。

中でも、『Z.O.E.』シリーズとのクロスオーバー的なアイテムである

”ハンドオブジェフィティ”が付属。

どこかに落としたり無くしたりしても、

自動で戻って来ることはありません、悪しからず。

 

神話の神々+オーバーテクノロジー=最高。という公式はスターゲイトでQ.E.D.テストに出るぞ!

 

先日、VR及びHD版の

『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』

が発売されましたが、とはいえ

数ある中からこれを選ぶなんて...

笑っていいところですよね?Geccoさん?

大阪に本社を構えるだけあって、さすがシャレが効いている。

とはいえ、造型は見事で笑いは一切なし。

 

 

さて、バイオニックアームのお話はまだ続きます。

そもそも、今回製品写真で

標準的に装着してるのが”スタンアーム”

 

ビリビリなると骨見える。ポケモンが教えてくれたことの1つ。

 

汚れとは頑張った人の勲章です。故に美しい。

 

ネイキッド+スタンアーム

この組み合わせこそ、まさしくプレイデモ冒頭の姿。

芸が細かいですねぇ〜〜。

スタンアームの形状が通常の物と比べて、

こんなに違うなんて知りませんでした。

指先の突起からビリビリ〜〜

と電流が流れるんでしょうね。

空想の物だからこそ、

説得力のある造形がリアルを演出。

汚れや擦れの塗装が、戦場の過酷さを物語ります。

 

 

しれっと通常モデルも腕時計無し

というマイナーチェンジ、芸細。

 

3つの中から好きなのを選ぶ。そしてそれを多用する。これもまたポケモンに教わったことです。

 

さぁ、好きなのを選べ!

と言わんばかりに3種類のバイオニックアームが付属。

全部ですよ、全部。別売りじゃなくて付属品です。

スタチューなのにプレイバリューがある

これはなかなか出来ないことです。

 

 

ほほう、なかなか手厳しい...

 

前回のヴェノム・スネークをご購入頂いた方、

お財布事情やスペース事情で、こんな気持ちが

心の中に浮かんだ方もいらっしゃると思います。

分かります、分かりますよ、ええ。

僕もコレクション趣味が高じた末に、

今こうしてキーボードを叩いているので。

 

しかし、今回のPLAY DEMO ver.

前回のヴェノム・スネークをお持ちでない方は勿論のこと、

前回のヴェノム・スネークをお持ちの方にこそ手に入れて頂きたいです。

 

なぜなら、ここまで紹介した

頭部とバイオニックアーム3種、この4パーツ。

全て前回のヴェノム・スネークと換装可能!!

 

ボディ2種×頭部2種×バイオニックアーム4種

=16パターンが再現可能

 

あなたの理想のボスの姿を是非再現してください。

 

「ボスは2人もいらない」ではなく

「俺達は2人でBIGBOSSだ」なのです。

 

 

と、このオチを仕込みたいが為に

換装部分ばかり取り上げましたが、

 

 

腰のポーチ、胸の無線機も完全新規造型。

どこまでやってくれるのか...。

 

こうやって色々思い出しながら、書き進めていると

久しぶりにTPPをプレイしたくなりますね〜〜。

僕のマザーベース、めちゃくちゃ襲撃されてんだろうな...

最近アップデートがあったみたいで、

FOBでクワイエットが使用可能になったみたいです。

もし自分が警備してて、

あんなプレデターみたいな兵士が襲撃に来たら

僕は海に飛び込みます。

でも、クワイエットにやられるなら悪くない気も...。

 

さて、前回よりも痛々しく

コンセプチュアルなヴェノム・スネーク

まさに、”復讐の鬼、再び来たる”

といった感じではないでしょうか。

 

ご予約はコチラからどうぞ!

ヴェノム・スネーク PLAY DEMO ver 1/6スケール スタチュー

 

 

∴桑原∴

 

予約ページのリンクがなかなか来なくて、痺れを切らしたカズです。


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
大宮店
Tel:048-640-7333
※高円寺・大宮店では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode