<< ファン感涙…!クリストファー・リーヴ版スーパーマンが、アイアンスタジオ1/10アートスケールシリーズで登場! | main | おかあさんといっしょ!『13日の金曜日 PART3』の腐ったパメラ・ボーヒーズがアクションドール化!ネカあんたどうかしてるぜ。 >>

「貴公の物欲も限界と見える」ファン待望の黒騎士が遂にご予約開始です。

            

 

こんにちは桑原です。

本日ついに始まりました、

 

DARK SOULS ダークソウル/ 黒騎士 1/6スケール スタチュー

 

ほ、ほ、ほ、ほ、ほ、ほ、ほしい...!

 

Geccoさんの黒騎士のご予約が。

 

あんまりにカッコいいので、

 

「なんの宣伝もしなくても、1人4個くらい買うのでは?」

 

と思っているのですが、

僕自信ダークソウル、ならびにGeccoさんが好きなので

半ば自己満足でご紹介していきたいと思います!(毎回そうだった)

 

あ、それと今回かなり長いです...。

これでも頑張って削ったんです...ご容赦くださいませ...。

 

さてさて、この黒騎士というキャラクター。

『DARK SOULS』シリーズがお好きな方、

特に一作目がお好きな方にとっては、かなり思い入れの強いキャラかと思います。

 

「ダークソウル知らないよ」という方の為にサクッと説明いたしますと、

この世界における、重要人物の中の一人『グウィン王』という方がいます。

 

ロードラン槍投げコンテスト優勝

 

『最初の火』と呼ばれる世界を照らす火があるのですが、それが消えかかった際、

この王様は、自らの肉体と魂を『薪(たきぎ)』として火にくべたのです。

 

その際、王の騎士達の中で派閥が生まれまして

「王様に付いていって、私達も火に身を投じよう。」という連中。

「都に残って、王女様を護ります。」という連中。

 

鍛えられた騎士達もおっぱいの前では無力なのだ。

 

前者の、「王様に付いて行った騎士達」は王と同じように燃え、

灰になり世界を彷徨うことに。その騎士達が黒騎士です。

 

元々、騎士達の甲冑の色は輝かしい銀色で

 

ヤキ入れられる前

 

こんな感じだったのですが、

 

 

火によって焼け焦げ、煤を被り、全体的に黒い色に。

酸化銀を思わせるその黒い甲冑からは、所々鈍い輝きが覗く部分もあり、

本来、甲冑が銀色であったことを思い起こさせます。

元々無かった象嵌細工のような意匠が至るところに見受けられるのも、

黒騎士の甲冑の特徴であり、フロム脳がメキメキと働くポイントですね。

 

 

はい、もうご覧の通りメチャクチャカッコいいです。

どれだけ褒めちぎっても、それを納得してもらえる揺るぎないカッコよさです。

 

「堅牢な鎧に剣と盾。」

 

シンプルな組み合わせですが、随所に散見される見慣れぬ意匠が

ファンタジー作品であることを裏付ける、素晴らしいデザインです。

 

パッと見た時に、このスタチューの大きさって伝わりにくいと思うんです。

比較対象が無いのもそうですが、強そうだけど所謂人外って類ではなく、

甲冑を身に纏った騎士、人型なので。

 

しかし、ゲームをプレイ済みの方はご存知の通りサイズ感が...

 

オスカーに冷や汗を書き込みたくなる構図

 

うん、ちゃんとデカいです

 

そこはかとない七五三感。

 

このサイズ感。文字通りプレイヤーを打ち砕いてきた、あの黒騎士だ...!

同じスケールでのリリースだからこそ、並べたときに満足感があります。

「このキャラに対して、あのキャラはこんなに大きい・小さい」

ってのはコレクションする上での一つの楽しみかなと思います。

 

「印象的なキャラだけど、サイズ的にかなり大きいし、リリースされるのかな...」

なんてこと思ってましたが、そもそもGeccoさんの『ダークソウル』シリーズ第一弾って

 

 

もっとデカかったんだった。(呆然)完全に杞憂でした。

 

ディテールの再現やこだわり、遊び心、サービス精神等々で驚かされっぱなしですが、

どんなサイズだろうと、徹底して作り続けてくれることでしょう。誰も止める人がいなかったら、

 

 

いつの日か『巨人ヨーム 1/6スケールスタチュー』なんてものをリリースして、

スクーターサイズのスタチューが爆誕することでしょう...なに屋さんなんだ???

 

 

冗談(で、済むのだろうか...)はさておき、

さりげないながら注目して頂きたいのは、台座。

 

 

ただの石畳と言ってしまえばそれまでなのですが、

個人的には、この台座は圧倒的に正解だと思いました。なぜかというと、

 

ビビりつつもバクスタ、という大胆な犯行

 

最初に戦ったの、多くの方がここじゃありませんか??

なんとなくの戦い方を覚えて、雰囲気を掴めてきた頃、

 

「奥にあるアイテムが気になるが、この強キャラ感...しかもデカい...」

 

なんて気持ちで、戦ってみたらボス並に強い。

そんな苦い経験を多くの方が味わっているかと思います。

なので、ここの(もしくはちょっと先の塔の上)黒騎士が

一番怖いし、一番強い。そして体感的に一番デカい。

前述のサイズ感からお分かり頂けるように、立体化して並べることで

その巨大な体躯から醸し出される威圧感が改めて感じられることと思います。

 

Geccoさん的には、そんな嫌〜なファーストインプレッションを

スタチューにも落とし込みたかったのではないかと思い、

まさしくそれは大正解だと思うのです。

『最初の火の炉』も黒騎士にとって重要なフィールドで、印象深いですが、

あそこに至る頃には、プレイヤースキルが磨かれ黒騎士に対する恐怖感って

ほぼゼロになっているのでは。と個人的に思います。

かつ、オスカーやジークマイヤーの台座とも色味が近いので、

 

 

一緒に飾った時の見映えも良い。

シリーズを追いかけている、コレクターの方にはなんとも嬉しい仕様だと思います。

 

見所が多すぎて、二回に分けても尺が持つレベルなのですが

Geccoさんの『ダークソウル』シリーズではお馴染みの、

 

 

鎖かたびら造形。

これ、本物の金属線で編み上げたものを、原型に貼り付けているのです。

そうです、本物(マジモン)の鎖かたびらなのです。なに屋さんなんだ...。

こんな手の込んだことなのに、「お馴染みの」という単語が頭に付いてしまう。

慣れって怖いですね...。皆さん、改めて驚くべきポイントですよ。

 

 

コチラのイメージビジュアル。

PS3版『DARK SOULS』のXMB画面にも使用されていたり、

今年発売されたHDリマスタード版のAmazon予約特典のポストカードの絵柄にもなっていたり

なにかと見る機会の多い一枚。改めてよくご覧になってください。

火に包まれてるような、内側から炎が漏れ出ているような、この状態。

兜の中で、火が目のように燃え上がっているのがお分かりになるでしょうか??

 

設定上、灰になった際に黒騎士達は肉体を失い、

その甲冑の中は空洞になっているのだそうです。(知らなかった...!)

 

ということで、

 

 

製品版では、兜の中から目が光る仕様になります。(呆然)

 

試作状態の光ってるお写真を拝見させて頂いたのですが、凄いです。電飾万歳です。

おそらく、知ってる人が多くないであろう設定までをも立体化に盛り込むその執念。

 

あえて言おう。狂っていると!!

 

そんなマニアック過ぎる、嬉しい仕様に加えて、

狂気的なこだわりに対するダメ押しの一手、いや三手が。

 

 

はーーーい、降参です。絶対買う。(金欠ですがヤケクソです)

 

『黒騎士の大剣・大斧・斧槍』が予約しただけで付いてきます。

「Gecco殿、貴公のサービス精神も限界と見える。」

 

 

当然デカいです。別売りしても誰も怒らなかったと思います...。

 

黒騎士撃破の際、ランダムでドロップする黒騎士装備。

要求する能力値は高いものの、その性能の高さにプレイヤーの装備としても大活躍。

あらゆる武器を使いこなし、出会う度に苦戦を強いられた黒騎士の驚異を再現しつつ、

個人的にお世話になった装備を持たせてディスプレイの幅が広がる。

 

 

中でも、RTAに精を出していた不死者ガチ勢の方々にとっては、

この『黒騎士の斧槍』は、持たせるというか、もはや御守りにしたり

枕元に置いて、ロードランを駆けずり回る夢を見たいのではないのでしょうか??

 

 

すげえ...すげえよ...。こんなサイズ感と、ディテールだけでも凄いのに、

目が光って武器が全部付くなんてどういうことなんだ...。

Geccoさんは採算を考える器官が失われたサービス亡者になってしまったのか...。

 

コチラの製品、価格は49,800円と、確かに高価な品物です。

しかし、これほどのクオリティと豪華仕様の数々。

加えて、Gecco製品は高い精度で製品になって届く。所謂「サンプル詐欺」と無縁の存在。

そういった事を加味すれば、高すぎるということは決してなく、

物の価値で考えた時に安いとは言わないまでも、

「これが欲しい...!」と思ったのならば、その出費は

 

Tシャツも待ち遠しい

 

「ノーカウントだ!」

 

というワケで、

僕は人間性を捧げて(腎臓って2個あるよな...?)でも買いたいと思います!

いつにも増して、なが〜〜い記事になってしまいましたが本当はもっと書きたいことが...

 

ご予約はコチラからどうぞ!!(載せ切れなかったお写真が沢山あるので、是非ご覧になってください!)

 

DARK SOULS ダークソウル/ 黒騎士 1/6スケール スタチュー

 

 

 

∴桑原∴

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
※高円寺では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode