<< ”玉座すわりモノ”にハズレ無し。B&Wバットマン新作がヤバイので、過去の「椅子に鎮座フィギュア」が本当にヤバイか検証です。 | main | 40年の時を経て、再び「恐怖、現る。」『ハロウィン』試写会(ネタバレなし)レビュー >>

公開迫る!映画『アリータ:バトル・エンジェル』。独断&主観ですが映画を観る前にお伝えしたいアレやコレ。

            

どうも!B・黒須です。

 

2018年夏、2018年年末、と2回の公開延期を経て遂に今週末2月22日(金)公開されるのが、映画『アリータ:バトル・エンジェル』。

5.jpg

原作はSF漫画の最高峰として語り継がれ、日本はもとより世界17の国と地域で翻訳され現在もシリーズが続く木城ゆきと氏による伝説の漫画『銃夢』。

その『銃夢』をハリウッド最大のヒットメイカーの一人ジェームズ・キャメロンが映画化権を取得し20数年。600ページにも渡る製作に関するメモをロバート・ロドリゲス監督に託す事で遂に映画化が実現。

(前回も書きましたがキャメロンにOVA「銃夢」を紹介したのは、みんな大好きデルトロ監督。)

 

今回は先日試写会で拝見させていただきましたので、「映画を観る前に予習しておきたいワード」や、「個人的ネタバレ無しレビュー」などをお届けさせていただきます。

 

 

まずは前回のフッテージ映像公開時も書きましたが『アリータ:バトル・エンジェル』の中で、避けては通れないのが「目が気になりませんか?」問題。

事実、試写会前にロビーで待っていると、試写会参加者の方が「目がちょっと気になるのよねー。大きくて。」という会話をされておりました。

 

まぁ…確かに大きいです。

10.jpg

 

しかし、現在公開されている特別映像の中に少しだけメイキング映像が含まれているのですが、このアリータはローサ・サラザールという女優さんの表情や動きをキャプチャーして作られております。

という事は、当然人間を元にしているので、四六時中目を見開いている訳では無く、閉じたり開いたり様々。

なので、大きいというよりはパッチリしてますねくらいで、さほど気にならないのでは?思っております。

 

さらに言えば劇中でそのハッキリとした目力は、怒り、悲しみ、やさしさ、強さなど様々な感情を表現するためにとても重要な役割を果たしているのです。

8.jpg

33.jpg

 

ただ個人的な感想を行ってしまいますと、冒頭アリータがスクリーンに移し出されてから、ものの数分でその姿に心を奪われてしまい、目が大きいなんて事は、気にすらならないというのが本当の所でした。

 

昨年映像を担当したWETA社の方が『アバター』では髪の毛を大体1万本ごとに動かしているとして、『アリータ:バトル・エンジェル』では1本1本の髪の毛の動きを現実の様に再現しています。 と言っていた通り、単に"映像美"と言う言葉だけでは片づけられない映像とリアルの境目が曖昧になってしまうような"生"を感じるアリータの姿。

 

そして、何よりも純粋(ピュア)なアリータの存在。

まさにバトル(闘う)・エンジェル(天使)!

(このタイトル、シンプルながら本当に素晴らしいと思いました。)

 

イベントでアメコミ映画ライターのすぴさんが「アリータに恋をしてしまう。」 と仰っていた通り、私、いとも簡単にアリータに心を奪われてしまいました。

 

しかし残念な事が一つありまして。

『アリータ:バトル・エンジェル』の上映時間は2時間2分。

=それ以上アリータの姿を観続ける事が出来ないのです。

 

若干ヤバい事言ってる感が漂っている事は重々承知ですが、それほどまでに純粋(ピュア)なアリータの姿に心を奪われるという事です。そしてぽっかり空いた心のすきまを埋めてくれるのが 喪黒福造 立体物たちの存在です。

 

アリータ バトル・エンジェル/ ムービー・マスターピース 1/6 フィギュア: アリータ

548103-18.jpg

 

548103-21.jpg

 

プレミアムマスターライン/ アリータ バトル・エンジェル: アリータ バーサーカー DX スタチュー PMABA-01DX

 

548101-4.jpg

リリースはホットトイズさんとプライム1スタジオさんですが、それぞれに映画を観るとオッと思うコダワリ箇所がありますので、映画鑑賞後改めてチェックしてみてください。

 

 

 

さて、ここからは映画『アリータ:バトル・エンジェル』をより楽しむために予習しておきたいストーリー&用語集コーナーです。

(もちろんネタバレは含みませんのでご安心を。)

 

【ストーリー】
舞台は、“支配する者”と“支配される者”の二つの世界に分断された、謎めいた遠い未来。

荒廃した瓦礫の中からサイバー医師イドに拾われ蘇えったサイボーグの少女。過去の記憶をすべて失っていたその少女は“アリータ”と名付けられ、父親代わりのイドに見守られて成長する。

しかし、ある日ふとしたきっかけで、自分が失われたテクノロジーで創られた“最強の兵器”だということに気付いてしまう。
逃れられない運命に直面した少女は、自分の命の意味を見つけるため、そして大切な人たちを守るため、世界の秩序に立ち向かう。

 

【用語集】

没落戦争(ザ・フォール)

300年前にURM(火星連邦共和国)との間で起きた戦争。その戦いで地球にあった数多くの空中都市は一晩ですべて焼け落ち、ザレムだけが残った。

 

11日.jpg

ザレム:

地球上空に浮かぶ空中都市。

ファクトリー(ザレムに必要な物資を送るとともにアイアンシティを統治する機関)とサイボーグ使った管理体制により地上を支配している。

 

4.jpg

アイアンシティ:

ザレムからのゴミが投棄される地上にある町(別名、クズ鉄町)。

 

1.jpg

2.jpg

モーターボール:

アイアンシティのサーキットで行われていて、街中が熱狂する球を奪い合う格闘技。

最終チャンプとなった者のみ、ザレムに行けると言われている。

 

ご紹介した簡単な用語を覚えておくだけで、より楽しく映画鑑賞が出来る!(はず!)

あとは予告編を復習して公開に備えましょう。


 

それでは本日はここまで!

最後は原作『銃夢』の作者、木城ゆきと氏による描き下ろしビジュアルでお別れです。

ではでは〜。

『アリータ:バトル・エンジェル』木城先生イラスト&本ポスター.jpg

『アリータ:バトル・エンジェル』

原作:「銃夢」木城ゆきと

脚本・製作:ジェームズ・キャメロン

監督:ロバート・ロドリゲス

出演:ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリほか

配給:20 世紀フォックス映画

公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/alitabattleangel/

©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

2月22日(金)ロードショー

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
大宮店
Tel:048-640-7333
※高円寺・大宮店では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode