<< 海外ドラマ「ウォーキング・デッド」のキャスト来日イベント『 ハリウッド・コレクターズ・コンベンション/ハリコンNo.19 』開催! | main | UDFに世界一有名な5歳児が参上。...だけじゃないようだ。 >>

デフォリアル新作にSF映画の金字塔現る。

            

 

こんにちは桑原です。

以前ご紹介した、デフォリアルシリーズ

 

 

マグロ食べ食べモンスター aka エメゴジ

 

製品版も素晴らしい出来映えで、大満足。

そんなデフォリアルシリーズの新作が、

 

 

すっごく良いんです。

 

 

●公式版権嬉しいね

 

美しい映像とクラシック音楽の融合。

徹底した科学考証により成功した、宇宙空間の再現。

人類の進化・道具の進化というテーマに

「A.I.の反乱」という、現代においても語られる内容を盛り込んだ先見性。

 

などなど、様々な観点での魅力に溢れており、

今更語るのも恥ずかしくなるようなSF映画の金字塔、『2001年宇宙の旅』

 

2時間半なんですけど、体感もっと長くありませんか?

 

なんだか小難しい言い回しをしましたが、

そういうの抜きにしてシンプルに、

 

「デザインがイイ!」

 

と思う物に溢れているのも、キューブリック作品の魅力かなと思います。

 

しかし...!!

 

ご存知の方も多いでしょうが、つい最近まで

キューブリック作品のライセンスはややこしい事になっていたので、

作品や監督の知名度とは裏腹に関連商品が少なかったのです。

 

問題解決

 

そんな中、名シリーズと(僕の中で)名高い

デフォリアルからリリースされるとは...僥倖!!

 

 

●おいしいとこ取り

 

過去に当ブログで、MAFEXのスペーススーツもご紹介しましたが

2001年は過ぎたけれど、永遠の未来がそこにはあります。宇宙空間でもオシャレは忘れない、スペーススーツ各色ご予約開始です。

言うなれば、「リアル版アクションフィギュア」だったワケです。

 

本日ご紹介するのは、

 

「デフォルメ」+「リアル」

 

という相反する表現でありながら、

見事な融合を果たす『デフォリアル』シリーズ。

 

※こちらはサンプルで、バイザーのプリントが異なります。

 

二頭身程の可愛らしいフォルムにも関わらず、

 

 

メカ部分や、スーツのシワ等のディテールがとてもリアル。

 

「気軽に飾れるのに、見たい所はハッキリクッキリ」

 

そんな贅沢な事ありますか、あるんです。

 

ビックリだね

 

加えて、今回のスペーススーツで「技あり」と思ったのがここ

 

4人組になったDaft Punkではない

 

バイザーに印象的なシーンがプリントされているんです。

ゴリラズとかモトリーのジャケ写みたいになりましたね。

 

「汚いボヘミアン・ラプソディ」と評される『ザ・ダート モトリークルー自伝』を見ましょう。

 

一瞬で話が逸れました。

 

これはバイザーに風景が反射している様子を表現しているワケですが、

直接書いちゃう・プリントしちゃうってのは一種の漫画的表現だと思います。

リアルな頭身のものに同じことをすると、なんだか違和感があるというか

急にオモチャ感が出てしまうと思うのです。

 

しかし、そこはデフォリアル。

デフォルメであることの利点を十二分に活かしております。

 

しかも、この選んでる場面がまたイイ。

映画を観た人ならば、おぉ!となったりゾッとするシーンばかりですね。

 

 

●ゆりかごから墓場まで

 

学校で習った知識を久しぶりにひけらかせました。

どういうことかと申しますと『デフォリアル』シリーズ、

そのさじ加減が絶妙なうえに造形が細かいので、

沢山フィギュアを持っているコレクターの方にも

大変満足して頂ける商品だと思います。

 

そして同時に、

フィギュア初心者の方にも強くオススメしたいシリーズでもあるのです!

 

フィギュアを買った事がないor集めていない方からよく耳にするのが

 

「スペース・金銭面共に余裕がない」

「集め出すとキリがない」

「ちゃんと飾る場所がない」

 

こういったご意見です。

 

スペース(場所)に困る僕と、スペース(宇宙)で困るプール船長

 

分かる...分かります!!

 

ですが、このスペーススーツに関して言いますと、

全高15cmほどで、タンブラーよりも小さいです。

 

正直な所、お店に置いてるような大きなガラスケースに入れると

なんだか地味で寂しい大きさです。

 

ですが、

置く場所を本棚の一角やデスクの隅、テレビ台の上など

自分の目線の先にコロっと置いてみてください。

 

家に置ききれないおもちゃを店のデスク周りに飾っている僕です。

 

ちょうどいい...!

 

フィギュアを集めたくなる心理の一つとして、

 

「一緒にいたキャラやシーンを再現したくなる」

「同じスケールでキャラを揃えたくなる」

「大きなケースの中をお気に入りのキャラで埋め尽くしたくなる」

 

というのがあると思うんですが、それってやっぱり結構お金かかります。

 

ですが、デフォルメというのは不思議な物で

スケールやシリーズなどあまり関係なく、

置物として日常の風景にとても馴染むものだと思います。

(僕の職場が特異である事はこの際忘れてください。)

 

先日サンプルをお借りしたので、遊び倒しました

皆さんに楽しんでもらう為のご提案を考えました。

 

この、どこか可愛らしい宇宙飛行士達が身の回りにいると

どんなことが出来るのかというと...

 


今年のオモ写コンテストに出していいですか。

 

「HAL9000...じゃない」

 

 

「モノリス...じゃない」

 

のような、なんちゃってSFな風景があなたの周りに生まれます。

こんな風に、周りのものを何かに見立てて遊ぶもよし。

前述したように、ただそこに置いて癒されるもよし。

「じおらまんしょん」などの


ちょうど良過ぎる「月面」がありました。シルバーver.に推奨

 

小さめのフィギュア用の台座などを購入して、ジオラマにしてみるのもよし。

楽しみ方は人それぞれ。

フィギュア初心者の方に強くオススメしたいシリーズです!

 

ご予約はコチラからどうぞ!

 

デフォリアルシリーズ/ 2001年 宇宙の旅 ディスカバリー アストロノーツ シルバー ver

 

 

デフォリアルシリーズ/ 2001年 宇宙の旅 ディスカバリー アストロノーツ イエロー ver

 

 

デフォリアルシリーズ/ 2001年 宇宙の旅 ディスカバリー アストロノーツ レッド ver

 

 

デフォリアルシリーズ/ 2001年 宇宙の旅 ディスカバリー アストロノーツ ブルー ver

 

 

それでは本日はこのへんで!

 

∴桑原∴

 

 

 

 

 

 

「じおらまんしょん 白い部屋」が出たらいいなぁ

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
※高円寺では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode