<< 桑原のライバル店を征く 「VS ヤマシロヤ」Round 2 | main | 『Dinomation』シリーズ第二弾はスピノサウルス、ねんどからの発掘作業は順調なり。 >>

「みんなで(予約して)しあわせになろうよ」と後藤隊長もニッコリ。スリーゼロの『パトレイバー』サンプルで遊びました。

            

パトレイバー。

それは出渕裕※1にデザインされたあるロボットの総称である。

マンガ、アニメの分野に広く普及し、アクションフィギュアも急増。

篠原重工※2スリーゼロは、程よい大きさで高いコストパフォーマンスを誇る「ロボ動」を新設、これに対抗した。

ゆえに、「決定版フィギュア」の誕生である。


ジャーン!!!




ひさびさで緊張しています、レシート渋谷です。

「AV-98 イングラム」サンプルのブログです。最初からクライマックスだぜ!

※1. 出渕裕…「困ったときに穴を入れる」人。νガンダムの基本デザインもこの人です。神。
※2. 篠原重工…何かとお騒がせする企業。実山さんの胃には穴が開く。



さて、今回サンプルのご紹介をするスリーゼロの『パトレイバー』イングラム。

開発発表されてからというもの、(私自身が好きなため)新情報があるたびにSNS投稿していましたら、スリーゼロ担当者(松井さん※3イメージでお届けしています)に見つかりました。


松井さん: 「後藤さん、イングラム…サンプル撮りませんか?」

後藤隊長: 「えー?いいのー?やるやるー」


そんな劇中のような会話があったとか、なかったとか。

完全に脳内イメージ。私の妄想が止まらない、加速する。

※3. 松井さん…凄腕刑事。後藤隊長といつも「悪だくみ(裏から手をまわす)」している 


そして届きました、サンプル。ドンッ!





(スリーゼロから)納車されましたイングラム1号機。

英語にすると「INGRAM UNIT 1」。これだけでアガる簡単な男、レシート渋谷。

裏側はこんな感じ。





意外にシンプル。でも持つとずっしりしています。

私が特に気に入っているデザインがココ!





このイングラムが配備されている「警視庁警備部特科車両二課第二小隊」のマーク。

最高。まだ中開けてないのに。

パッケージを開くとこんな感じです。





ザ・シンプル。

それでは早速開けてみて…





警察の白いヤツ。一号機のヤツ。潜影蛇手(これはなぜかくじらさん声)


この状態で写真はあまり撮らないと思いますが、コレクター目線でいうと、ちょっと大事だったりします。

それはなぜか…「パーツどこに入れるか分からなくなる」あるあるだからです。

特にスタチューなどは顕著なんですが、この状態で写真撮っておけば箱に戻す時にアラ楽々。

(お役立ち情報を盛り込み、写真がボヤけているところに目がいかないように必死)


さて、リフトオンしてみましょう!





最初は黙って素立ち。

ポージングを楽しむ前に、まずそのプロポーションを確認です。


正式なアナウンスはありませんが、劇場版第1作『機動警察パトレイバー the Movie』の意匠です。

全体的にスリムに見えますが、「人間」をそのまま大きくしたような動きを目指したレイバーとしては、やはりテーマに沿ったデザインといえるでしょう。

調べて分かったのですが、別メーカー(B社)でではありますが、プラモデルとしては初となるグッドデザイン賞商品デザイン部門受賞(1990年度)しているほどです。そもそもの素材がいいイングラム。

関節部を布カバーで覆い、「可動」に無理なく、しかも見た目も再現。

ここが布になるだけでなんか嬉しくなる。



さて背部は…





ザ・シンプル。

『パトレイバー』劇中でも言及あったと思うのですが、イングラムは意図的に


・一目で警察察車両と分かるように白黒を基調とする

・「安全を守る存在」「安心させる存在」としてカッコ良いデザインに


となっていたはずです。そのためゴテゴテの本体装備はなく、武器などは別途携帯したり、内蔵したり。

居住環境はかなり酷いことになっています(狭すぎるので身長制限があるレベル)

そんなバックグラウンドがあるため、スリムでシンプル。

下半身を太くしたりとアレンジされることもありますが、かなりの好印象です。



上半身アップ。






胸部に泉家代々のペットネーム「ALPHONSE」が。猫でも犬でもレイバーでも「アルフォンス」。

腰回りにはしっかり車両プレートがあり、前述した「特車二課」仕様。

股間にはウィンチもあり(なかったらあのシーンで詰んでたアレ)

お約束でありますショルダー部に穴。貫通はしていませんが。


それではお待ちかねのポージングを…





キャー!片足立ちであのポーズがー!

あのポーズ、スリーゼロの説明書にもこのポーズでのイングラムが使われていました。

『パトレイバー』をちょっとでも知っているとやりたくなりますね。





あのポーズ、有名だもんな。

あのポーズ、あのポーズ。

…出典どこだっけ、これ…


このポーズを再現可能にしたのは、めちゃめちゃ堅い関節部。
もはや「保持」ではなく「固定」出来ると言っても過言ではありません。

子供のころに手にした「超合金」オモチャ。

その質感、重量感そのままで、ヘタらない強固な関節。


66兆2000億点です。


もうね、あれなんですよ。「あ、決定版ってこれなんだなー」と実感できる。



撮影秘話みたいですが、このポーズを横からみるとこんな感じ。





本体をずらしただけなんですが、横アングルからだとちょっと面白い。

「アルフォンスくーん、ちょっとアレ出来るかーい」





片足立ちの極地、「ズコー」の姿勢。

貴重なサンプルに何やらせてんですか、私は。

「どこまでいけるのか、と試したかった」と供述しており。

フラフラすることもなく、しっかり立てる。

「ロボット」「メカ」フィギュアの大事な要素が、体幹(って言っていいのか)と同じく「しっかり」。


付属する武器、スタンスティック(いわゆる警棒)を持たせてみる。





ビシっときまる。





じつにヒロイック。

足回りの可動域も、フォルムを損なわないパーツ割りに準じて、なかなかです。

どこの関節もSTF※4並にガッチリしていますので、可動させるのには少々力が入ります。


※4.「Ask him! Ask him!」抜け出すの大変。


ここまででも実は撮影スタートから数時間かかっております(激遅)

その間、ずっと「少年」の気分でした。


重い、動く、カッコイイ。


「アクションフィギュア」の基本ですが、なかなか難しいあの持った時の「幸福感」。

どれも叶えてくれる素晴らしいものです。

ぜひ手に取って、動かして欲しい。

遊んでいるだけであっという間に夕方、時間泥棒です(言い方)


イングラムって手がニューンって伸びる機能が搭載されているのですが、ここもギミックで再現しています。








上体起こしたままでリボルバーカノンを手にする。

文字面では横着スタイルですが、これがまたメカ好きにはたまらないもの。

この機能をニューンからシュバッに昇華させて、手刀を武器にするというトンデモ機体もある


ギミックと言えばやはりこちらも見逃せません!








おまわりさんこっちです!


両肩のパトランプも、LED搭載で点灯します(内側は黄色、外側は赤色)

スタイルは点灯ユニット外してからのON/OFF。





ここを押すと…ここです、ここ。





光量があり、ピッカピカ光ります。

パトランプが光るだけなのに感動しましたね、本当。

オタク、機能に感動※4

※4.ネタが古すぎてちょっと泣いている、2000年(ミレニアムと読む)。



動かすことに久々興奮したスリーゼロのイングラム。

来週には国内予約締切りとなりますので、ご予約はお早めに!


■ロボ道/ 機動警察パトレイバー: AV-98 イングラム1号機 1/35 アクションフィギュア
https://mamegyorai.jp/net/main/item_detail/item_detail.aspx?item=573676





案内時の写真でカバー

銃を持つ写真は2号機(太田機)の際にとっておいてあるんです。

銃を撃たせろ(太田談)



================

※今回紹介したサンプルは監修中なため、最終商品とは多少異なる場合があります。
現在も細かい部分の監修が進行中ですので、さらに良い仕上がりとなる予定です。

================


…だそうです。スリーゼロさん、ありがとうございます。

2号機、3号機と言わず、ぜひ零式も。




レシート渋谷

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
※高円寺では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode