<< 「みんなで(予約して)しあわせになろうよ」と後藤隊長もニッコリ。スリーゼロの『パトレイバー』サンプルで遊びました。 | main | 変態について考えよう。ネカがついに(自主規制)出しちゃった!コートを広げて出しちゃった!! >>

『Dinomation』シリーズ第二弾はスピノサウルス、ねんどからの発掘作業は順調なり。

            

 

こんにちは桑原です。

新年早速、Geccoから雄叫びをあげるかのごとく新商品が予約受付開始です!

 

Dinomation ダイノメーション/ スピノサウルス スタチュー

 

 

恐竜だァァーーーー!!

やったァァァーーー!!!

 

というワケで、本日は「Dinomation」シリーズ第二弾、スピノサウルスをご紹介致します。

(シリーズ概要と、第一弾のティラノサウルスのご紹介は下記ブログにて!)

 

Gecco新シリーズ「Dinomation」新商品の発掘場所は脳内です!!

 

 

第一弾は「恐竜と言えば!」な存在ティラノサウルス、でした、ええ分かります。

やっぱり知名度・人気共にトップクラスですからね。

 

では第二弾となると...?

不思議なことに、候補が途端に増えると個人的には思います。

 

そこでRYOさんはご自身のTwitteにてアンケートを敢行。

アンケート内で一番人気となったのが、スピノサウルス、というワケなんですね。

実力で勝ち取ったスピノ番長、お見事でございます。

 

アンケートという民意で選ばれたスピノサウルスですが、その人気も当然だとは思います。

我々がティラノサウルスに対して、特別な思いを抱いてるのって、

 

大人になって見るとネドリーも苦労してたのが分かる。

 

このロゴと、この映画によるところが大きいって方、結構いると思うんです。

 

その理屈で言うと、そう。

 

プテラノドンの影が大事。

 

スピノサウルスの人気が出るのも、自明の理ってところじゃないでしょうか。

 

 

『JP3』のスピノサウルス、めちゃくちゃデカくて、強くてカッコいいんですよね。(男児は強い方に惹かれがち)

色合いとか柄も、なんか派手だし。(男児は派手な色に惹かれがち)

 

劇場で初めて見た、『JP』シリーズなこともあり、かつての桑原少年の心はスピノサウルスにガッツリ掴まれたのでした。

そう、桑原少年もご多分に漏れず、男児が惹かれるものにしっかり食いついたのであった。

当たり前と言えば当たり前なんですが、恐竜はこの世の誰も見た事が無い生物。

化石の発掘を経て、調査が行なわれ、様々な学説が飛び交い、生態が明らかになっていきます。

ですが、スピノサウルスの化石は第二次世界大戦で破壊されてしまい、生態に関して不明なところが多い種でした。

 

故に『JP3』公開当時は、スピノサウルスの描写が割となんでもアリで、あのT-REXを制するほどの強さを誇り、新たな主役恐竜の座を獲得したのでした。

 

しかし!!

 

研究が進むことで、ロマンが失われてしまうことが往々にしてある恐竜。

現在の有力な説だと...

 

 

なんかパッとしないんだよなぁ...

 

身体は凄く大きいんですが、四足歩行。

イグアノドンとかパラサウロロフスみたいな草食恐竜っぽいフォルムなんですよね。

肉食恐竜は二足歩行であって欲しい。

なんだか、そういう先入観が抜けません。

 

学術的なアプローチは確かに大切ですが、心の中の男児が

 

「でも前の方がかっこいいなぁ」

 

と、駄々をこねるのです。

頭でっかちな理屈を抜きにして、気持ちイイ形の恐竜を楽しめるのが『Dinomation』シリーズの魅力。

 

Dinomation ダイノメーション/ スピノサウルス スタチュー

 

 

 

そうなんです、こういうのでいいんです。

 

 

名前の由来でもあり、スピノサウルスの代名詞ともいえる背中のヒレ状のトゲ。

怒髪天の如くスパイキーであり、ゴジラの背びれのようでもあります。

 

 

細長く、ワニを彷彿とさせる顔。

第一弾のティラノサウルスは口を閉じた状態でしたが、今回は口内の造形も堪能出来る口開け状態。

口の開閉に使うひだ状の筋肉も見れて、一粒で二度美味しい!

 

 

鱗の意匠が分かりやすい太ももと、指先に水かきのある足先。

 

ペンギンって可愛らしいイメージだけど、各所をフィーチャーするとモロに鳥なんだよな...。

 

RYOさん曰く、「ペンギンみたいな足にしたい」とのこと。

 

ねんど星人のねんどblog/スピノサウルス(ご本人によるメイキングブログ、必読です!)

 

 

また、腕にも水かきのような意匠が、”ちょこん”と付いており、水棲生物らしさが散りばめられています。

古きよき雰囲気を漂わせる『Dinomation』シリーズですが、積極的に現世の生物のディテールを造形に盛り込み、説得力のある立体物になっています。このバランス感の良さが、絶妙です。

 

 

 

第一弾のティラノサウルスと同じく、こちらのスピノサウルスもガレージキットとして販売されていました。(当然持ってる)

しかし、先程の足先の画像で分かって頂けると思うのですが、完成品では台座付き。

水草や苔類が生い茂り、流木が転がるジャングルの水辺をイメージしており、前述の水棲生物っぽいディテールが更に活きてきます。

 

台座にもRYOさんの遊び心が散りばめられており、

 

 

亀さんがいます。かわいい。

これですね、商品写真だと分かる角度が無かったんですが...

 

 

びっくりして顔を引っ込めているんです。

かわいい!とてもかわいい!随所に面白さやかわいらしさを散りばめる、RYOさんらしさに大満足の台座となっております。

 

 

と、こんな感じで第一弾のティラノサウルスに引き続き魅力たっぷりのスピノサウルス。

 

Dinomation ダイノメーション/ スピノサウルス スタチュー

Dinomation ダイノメーション/ ティラノサウルス スタチュー​

 

 

並べた時に同じシリーズの統一感も味わいつつ、異なった「形・色・雰囲気」も楽しめるのでシリーズ揃えてディスプレイすることをオススメ致します!

 

前回の最後にちょっとだけ話題に出した、トリケラトプスも...

 

 

こんな感じで、とっても素敵なのでこの手に取るのが楽しみです!!

 

ねんど星人のねんどblog/トリケラトプス(ご本人によるメイキングブログ、必読です!)

 

あれよあれよと出来上がるので、

 

「魔法じゃん」

 

って気持ちになれますよ。

 

それでは本日はこのへんで!!

 

∴桑原∴

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
※高円寺では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode