<< ねんどろいど化でトルチョックだってキュートでホラーショー。『時計じかけのオレンジ』アレックス坊やを拝ませて頂きました。 | main | 桑原のライバル店を征く 「VS あみあみ」Round 2 >>

桑原のライバル店を征く 「VS あみあみ」Round 1

            

 

こんにちは桑原です。

私桑原が、高円寺店を飛び出し、ライバル店に突撃。

商売敵をバッタバッタと薙ぎ倒す、コンプライアンスの欠片もない新企画。

 

 

「桑原のライバル店を征く」のお時間です。

本日の外征先は、

 

 

秋葉原でございます。

 

 

秋葉原といえば、日本のオタクカルチャーのメッカ、と言っても過言では無いでしょう。

街中至る所に、おもちゃを取扱うお店が超盛チョモランマです。

 

「一対一?しゃらくせぇ。まとめて相手してやるぜぇえ!!!」

 

と、威勢良く100人斬りならぬ、100店斬りとシャレこみたいところですが、時間がないのでやめます。

 

 

電気街口を出るとそびえ立つ巨塔、『ラジオ会館』

その姿はさながら「オモチャバベル」遊び心と玩具で、天を穿つ気概すら満ち溢れております。

 

そんなラジオ会館、目指すは4階、狙うは...

 

 

『あみあみ』だぁ!!

 

前回のヤマシロヤもそうでしたが、複数階の建物に突撃しがちですね。

 

「バカと煙は高いところが好き」

 

とか思った人は誰ですか、あなたのお宅に突撃しますよ。

お茶菓子は「ルマンド」がいいです。


◎今回出てくる人

 

桑原

・豆魚雷高円寺店のスタッフ。勤務歴3年目に突入、入社当初24歳だったものの30の壁が見え、お腹が出てきたのが悩み。

 

・クリーチャーや怪獣の立体物ばかり集めている。好きな怪獣はガイガン。

 

『マンダロリアン』が良過ぎるものの、関連グッズの流通が少ない為、海外サイトを巡回する日々が続いている。

(良過ぎて布教ブログも書いてしまった。『マンダロリアン』について語りたい。)

 

細貝さん

・あみあみ秋葉原ラジオ会館店の店長さん。

 

・最近良かった映画『パラサイト 半地下の家族』『ジョーカー』

 

『ゴーストバスターズ』の新作が楽しみ。

 

看板を背負った二人は、戦いの果てに何を見出すのか...?

結末は、あなた自身の目で確かめて欲しい!!

 

 

◎開戦

 

桑原:ではでは早速、始めていきたいと思います。よろしくお願いします!!まずは、個人の部分を掘り下げさせて頂きますね。おもちゃは好きですか?

 

細貝さん:はい、もちろん好きです!

 

桑原:お〜良かった。大きなお店、大きな会社ってなって、偉い立場の方だと、ビジネスって割り切っていて、あんまり興味ないって人もいたりするかな、なんて心配してたんですが、杞憂ですね。ジャンルとしてはどういったものがお好きですか?

 

細貝さん:そうですね〜。豆魚雷さんの前で言うのも僭越なんですが、洋トイをはじめ、アメコミ系、映画系が好きで、こういう業界に進んだってのはありますね。特に映画系のフィギュアは、よく買ってましたね。その証拠にこれを!

 

あと1ポイントで、貯まるのでご来店お待ちしております!ポイントカードは無料で、一秒で作れます!(ダイマ)

 

桑原:お!!ウチのポイントカード!弊社、原田プリスキンの判子が押してあるあたり、かなり年季入ってますね。笑

 

細貝さん:最近買えなくなっちゃって...。結婚して、子どもが出来て、あまり自分用のおもちゃを買えなくなっちゃった。って感じですね。

 

桑原:大人だ〜〜!いやでもまぁ、あるあるエピソードの一つですよね。我々のようなタイプは、「好き!」→「買う!」って感じで、ほぼ本能的、直感的に買っているので、言語化するのがかえって難しいとは思うんですが、おもちゃを好きな理由ってなんでしょうか?

 

細貝さん:ああ〜なんですかね。私、もう40過ぎなんですけど、10代の頃って、ブリスターパックに入ったアメコミのフィギュアがいっぱい壁に掛かってて、それがオシャレな時代だったんですよ、古着屋さんにもそんな感じであって。

 

桑原:はいはい、全然リアルタイムではないのに、その情景は浮かぶし、イメージとしてはありますね!スターウォーズのベーシックフィギュアもブリスターじゃないですか、バックカードも、色合いとかスゲーかっこよくて。僕『ジャワ』が超好きなんですけど、アイツらって複数欲しいじゃないですか。ワラワラ置いて、「utinni~~~!!」って言いたいじゃないですか。笑

 

細貝さん:ジャワ熱がすごい。

 

桑原:しかも、ジャワは2体セットになってて、ブリスターに2体収まってる姿も可愛くて、絶対開けたくないんですよ。開けると、パッケージ破れちゃうし...。だから、壁に掛けるようにも持ってて。

 

僕のデスク周りです。仕事しろ。

 

細貝さん:そうなんですよ、ブリスターパックの壁掛けが、やっぱりすごくかっこよくて。それを子どもの頃によく見ていて、「いつか大人になったら欲しいな〜」って憧れを抱きつつ、抑えていた気持ちが大人になって、やっと買えるようになったら、ブリスターパックのフィギュアが衰退しちゃってて...。

 

桑原:なるほどなるほど。じゃあアレですね、映画やコミックのキャラが好きということに加えて、『スポーン』とか代表例だと思うんですけど、カルチャーとしての時代を経ているのもあり、「イケてるニーチャンが持ってるもの」みたいな。そういう、憧れというバイアスがかかって、おもちゃとしての価値に憧れが加わっているから。って感じでしょうか?

 

細貝さん:そうですそうです!オシャレ!みたいな、ファッションだったんですよ。その感覚理解してるって、本当に20代ですか??

 

桑原:ええ、ゆとり世代ど真ん中です。ロイヤルユトリートフラッシュです。

 

おもちゃ愛指数:流行文化収集願望≪コレクトゼムオールアスピレイション≫

 

◎「あみあみ」の”あみ”って、網?ami?

 

桑原:では、お店としての部分にフォーカスを当てていこうと思います。前回、「一応聞いておくか」で思わぬ収穫があったので味を占めて聞いてみるんですが、「あみあみ」って店名の意味はなんでしょうか?

 

細貝さん:「楽しい!で世界のAmiとAmiをつなげる」から「あみあみ」なんです。”Ami”っていうのは、フランス語では「Ami」イタリア語では「Amico」スペイン語では「Amigo」など「ともだち」を表す単語なんですよ!

 

桑原:めっちゃピースフルじゃん。アミーゴってそんな意味だったんですね、洋画とかで、軽口叩くキャラがやたら言いがちな単語の一つって認識でした。

 

◎広い店!色んな数字がデカい!!

 

桑原:ラジオ会館、色んなお店が入ってますけど、複数のお店で構成される階も結構あるじゃないですか。その中でも、丸ごとワンフロアーぶち抜きで一つの店舗って、色んな数字が大きくなると思うんですね。そこらへんを掘り下げたいと思います。まずはおおよそで大丈夫なので1ヵ月の来客数はどのくらいでしょうか?

 

細貝さん:えらい数です。笑

 

桑原:あ、これ社外秘のヤツですか。笑 まー実際のところ、数えてられないですよね。指押しのカウンターだったら、マメできちゃうだろうな... 。

 


ラジ館の中にラジ館プラモが。過去の姿なので、買ってもおもちゃではなく”歴史的資料”でカウントできるぞ。

 

細貝さん:一応以前に計測したことがあったのですが、狂いなく正確かっていうと、そうでもないので。

 

桑原:そうですよね。別のフロアー行って、また戻って、ってお客様もきっと多いでしょうし。だいたいでいいので教えていただけませんかねぇ?笑


細貝さん:そうですね〜。OK出たんで、言っちゃいましょう。約30万人です!!

 

桑原:すげーーーー!!1日1万人!!あと、土地柄海外のお客様も多いと思うんですよ。これもだいたいの肌感で大丈夫なので、比率としては、海外のお客様の割合はどのくらいでしょうか?

 

細貝さん:だいたい4割から3割くらいですね。半々くらいの印象の方もいるようなんですが、秋葉原自体、国内外共に観光客の方もいるので、やっぱり日本人のお客様の方が多いですね。

 

桑原:なるほどなるほど。ではですね、一番気になったことなんですが、一ヶ月の家賃!これすごい気になりますね。さっきのテンポでお答えください!!

 

細貝さん:社外秘です。

 

◎2ndという欲張りさ

 

桑原:これだけ広くて、立地も良くて、日に一万人も来店して頂いていて、さぞ儲かっていると思うんですが、2nd店舗もあるじゃないですか?ちょっと欲張りすぎませんか?2nd発足のキッカケを教えてください!

 

細貝さん:そもそも、2nd店の方がオープン早いんです。

 

桑原:え?!そうなんですか!2ndなのに!

 

細貝さん:ラジオ会館店は2017年オープンなので、割と最近なんです。前は2ndって名前付いてなくて。

 

桑原:おもちゃ買う時、中野・高円寺がメインだから全然知らなかった、お恥ずかしい。

 

細貝さん:2ndって、オープンした順番じゃなくて、中古品を扱う店舗なので、そういう意味の「2nd」でもあるんですよ!

 

桑原:なるほど〜〜!店名の他にも、ちょこちょこ言葉遊びを挟み込んできますね。西尾維新かよ。店舗を分けてるのは、やっぱりお客様の目的も違うであろう、みたいなところからなんでしょうか?

 

細貝さん:秋葉原にこの距離で2店舗あるのって、商圏被っちゃうしどうなんだろ?って思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

ちけ〜〜〜

 

桑原:めちゃくちゃ近いですもんね。簡易地図をサイトで見て、思わず「ちけ〜〜〜」って声に出しちゃいましたもん。

 

細貝さん:ただ、近いからこそ出来る取り組みだとか、差別化は図れるので、2店舗体制となっています。

 

桑原:なるほど。店頭に立っていて結構あるんですけど、新たにコンテンツに触れて、初めて「フィギュア欲しい!」ってなった方が、いざ探しに来て頂いても、ちょっと前のコンテンツだとやっぱり店頭にないんですよね。特に豆魚雷は現行商品を常に扱っているので、そこらへんの需要にお応え出来ず...。

 

細貝さん:はいはい、ありますね〜!それはやっぱり、どのお店も常になんでもある、ってことはないですもんね。

 

桑原:でも、欲しいのに手に入らないって、すごくツラいじゃないですか。しかも、新たにフィギュアを買おうとしてくれているビギナーの方に、出鼻をくじかれたようなガッカリ感を感じてほしくなくて。そういう時はもう、小売店員として売上を立てるじゃなくて、「隣の中野行って探せばあると思います!」って、ただの一人のオタクとしてご案内しちゃうんですよね。笑 店員としてどーなの?って感じしなくもないですが。

 

細貝さん:そういう時、「もしかしたら2ndにはあるかもしれません」ってお答え出来るのは、近距離に2店舗ある強みですね。

 

桑原:あと、2nd店の家賃は...

 

細貝さん:社外秘です。

 

桑原:は〜い!!OKで〜す!!これはマジで教えてくんねーヤツだな。

 

___________________________________________

 

さて、今回も結構なボリュームでして、やっぱり分けます。

 

男と男の戦いの例。ポージングうめー。

 

前回もそうでしたが、インタビュー時間は43分40秒にも及び、一対一のがっぷり四つ。

この時点で結構ノドがからからでしたが、男と男の勝負に、文字通り水を差すなんて無粋!!

 

戦いは、Round2に続きます!!

 

∴桑原∴

 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
twitter
店舗サイトはこちら
profilephoto
お問合せ
通販に関するお問合せ、
ご要望やご質問などは infodesk@mamegyorai.co.jp
実店舗
高円寺店
Tel:03-3312-3937
※高円寺では通販に関するお問合せは受け付けておりません。
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode